【徹底解説】信頼できる遺品整理業者を選ぶ5つの判断基準とは!

住んでいた家の遺品整理をしているけど、すべて自分でやるのはなかなか大変。

遺品整理は故人が大事にしていたものや重要な書類、貴金属などを仕分けながら進めるため、時間がかかってしまいます。

そんな時、頼りになるのが遺品整理業者です。

しかし、遺品整理業者と言ってもたくさんあってどこに依頼すればいいのかわからない!

そんなあなたに、本記事では信頼できる遺品整理業者を選ぶコツを紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

遺品整理業者とは

遺品整理は不用品回収と違い、必要なものと不要なものを仕分ける作業をお手伝いします。

故人が残したものが大量に残っており、遺族だけでは重要なものとそうでないものの見分けがつかないなどといったことが多くあります。

そういった場合に重要書類貴重品などを探し出し、ご遺族とともに仕分けを行います。

仕分け作業て出てきた不用品は、不用品回収と同じく回収・処分を行います。

必要に応じてハウスクリーニングや遺品の供養・お焚き上げを行います。

別記事にて、不用品回収との違いや費用について詳しく紹介していますのでご参照ください。

信頼できる遺品整理業者を選ぶ際に重要なポイント

遺品整理を依頼するにあたって重要なポイントをリストアップしました。

要チェックPOINT!!

  • 遺品整理士が在籍しているか
  • オプションについて詳しく明記されているか
  • 現地見積りをしてくれるか
  • 各種認可を得ているか
  • オペレーターの対応はしっかりしているか

それでは解説していきましょう。

遺品整理士が在籍しているか

遺品整理を行っている業者には、遺品整理士という資格を所持しているスタッフが在籍していることがあります。

一定の知識と技術を持つ人のみが得られる資格なので、この資格を所持しているスタッフが在籍しているかどうかは重要な判断基準になります。

オプションについて詳しく明記されているか

遺品整理には仕分け作業以外にもハウスクリーニング供養といった作業が必要になるケースがあります。

そういった場合、どれだけ対応してくれるのか、またその料金について明確に説明されているかは重要です。

作業スタッフの人数により作業時間が大幅に変わってくるため、作業スタッフの料金などもしっかりと確認しておきましょう。

現地見積りをしてくれるか

遺品整理に関してかかる費用については、電話やメールでの問い合わせだけで見積りを出すのはやや難しいことがあります。

お部屋の大きさや、不用品の状況などもまだ整理されておらず不確定な要素が多いためです。

一度現地に来てもらい、費用や時間などを見積りしてくれる遺品整理業者を選びましょう。

各種認可を得ているか

遺品整理に関しては、一般廃棄物収集運搬業許可を得ているか確認しましょう。

遺品整理業者がこの許可証を持たずに回収・処分を行うと、無許可の運営として違法になってしまいます。

買取サービスを行っている遺品整理業者は古物商許可証の有無もしっかり表記されているかチェックしましょう。

オペレーターの対応はしっかりしているか

問い合わせの際に、オペレーターの対応や態度はしっかりしているかどうか。

個人的に一番重要な確認事項だと思っています。

親身になってこちらの質問に答えてくれるかというのは、安心して遺品整理をお願いできるか確認する上でとても重要ですね。

ここでの対応が雑だと、実際に遺品整理に来たスタッフにも雑な対応をされてしまう危険性があります。

不要なトラブルが起きないよう対策する上でも大切なポイントと言えるでしょう。

なるべく遺品整理の専門業者を選ぼう

遺品整理は遺品整理士の資格を所持していなければならないという決まりはありません。

そのため、不用品回収や便利屋などを営んでいる業者も遺品整理をやっていると宣伝できます。

しかしそういった業者は主に回収や処分、買取を得意としているため重要書類などを見つけ出すのはやや不得手な場合が多いです。

必要なものまで回収されてしまったなんて相談を受けたことも多々ありました。

重要書類や貴金属、思い出の品などが多くありそうなら遺品整理を得意とした遺品整理の専門業者に依頼しましょう。

依頼する前にご家族とよく話し合おう

大事な遺品を知らない人に任せるのは不安に感じる。

遺品整理は自分でやりたいというご遺族もいらっしゃると思います。

遺品整理を依頼する前にはご遺族とよく相談しましょう。

遺品整理にかかる費用や形見分けなどでトラブルになるご遺族様も多いです。

まとめ

本記事では遺品整理業者を選ぶ際に大事なコツを紹介しました。

不用品回収の業者と同じく、遺品整理の業者を探すうえで重要なポイントがいくつもあります。

遺品整理は今後需要が増えてたくさんの方が依頼することになってくると思います。

そんな方のために少しでもお役に立てればと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

目次
閉じる