大学の教科書や専門書を上手に処分する3つの方法とは!【高額買取】

進級や進学、就職などで不要になった教科書や参考書などの処分はどうしていますか?

多くの方は各市区町村の自治体でゴミとして処分してるかと思います。

大学の教科書や専門書など1冊1冊がそこそこ高かったのに、捨ててしまうのは少しもったいないですね。

実は教科書や専門書、参考書などの本は意外にも売ることができるんです。

この記事では、いらなくなった本を上手に処分・売却する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

いらなくなった大学の教科書や参考書の処分方法

不要になった教科書や参考書、専門書などの処分方法は基本的に3つあります。

  • 捨てる
  • 譲る
  • 売る

これらについてそれぞれ詳しく解説していきましょう。

自治体や不用品回収業者に依頼して処分する

基本的に使わなくなって教科書や専門書などは、読み終えた雑誌と一緒に自治体のゴミ回収で処分していると思います。

自治体によっては燃えるゴミであったり資源ゴミで出すことが可能ですね。

かなりの量があり自治体の回収に断られてしまったり、急な引っ越しなどで急いで処分しなければならないときは不用品回収の業者に依頼したする方法もあります。

このような業者などに処分を任せるときは、注意すべき点がいくつかあります。

名前や学校名などの個人情報が特定されるようになっていないか

教科書などはそのままゴミに出してしまいがちですが、そのまま出してしまうと自宅や家族構成などの個人情報が特定されてしまう恐れがあります。

万が一に悪用されないためにも、名前などが残っている部分をマジックで塗りつぶしたり切り取ったりして処分しましょう。

濡れていたり、多くの汚れが付着していないか

自治体や不用品回収業者にリサイクル不可能と判断されてしまった場合、回収を拒否される恐れがあります。

雨の日に依頼するときは、濡れたり汚れたりしないように注意しましょう。

不用品回収の業者に頼むと費用がかかるので、問い合わせの際によく確認すること

不用品回収を行っている業者に依頼すると搬出作業などすべてやってくれるのでからり楽です。

急いでるときなども対応してくれるので便利なのですが、相当の費用が発生します。

不用品回収はトラブルが起きがちなので事前によく検討しましょう。

不用品回収業者の選び方や注意点についてまとめてますのでご参照ください。

赤本や参考書を家族や後輩に譲る

兄弟がいれば、小学校や中学校の教科書を使いまわすことができますね。

参考書も高校・大学受験で利用できるので新しく買わずに済んだりします。

地域によっては図書館に寄付することもできますので確認してみるといいですね。

ネットや古本の買取専門店で売却する

高校・大学の教科書や受験に使った参考書、各種専門書などは意外と売れたりするんです。

ゴミとして出しがちな古本ですが、処分ついでに買取りをしてくれるのでかなりお得ですね。

オークションやフリマアプリで販売する

少々手間がかかりますが、この方法は結構オススメです。

値段を設定して商品として登録することで、必要とする人に購入してもらえます。

特に専門書は人気が高いですね。

ジャンルとしては医学書・プログラミング関係・資格取得関係のものが多く取引されています。

参考書や専門書用の買取専門店に売却する

近年宅配や出張見積もりで、マンガなど古本の買取をしてくれる業者がたくさん増えてきました。

ポイントは参考書や赤本・専門書の買取専門店で売却すると、よくある古本の販売店よりも高額で買い取ってくれたりするというところです。

段ボールに詰めて送るだけで査定・買取りをしてくれるので簡単です。

値段のつかないものはそのまま処分もしてくれるので、売れるか分からないものもとりあえず詰め込んで査定してもらいましょう。

査定・売却の問い合わせも気楽にできるので、こちらもかなりオススメです。

教科書や専門書を買取してくれる業者紹介

参考にいくつかおすすめの買取業者を紹介しますので、不要な本の種類に合わせてぜひ一度問い合わせてみましょう。

専門書の高価買取店BOOKRIVER

専門書の高価買取専門店で定価の30%~50%で買取してくれることも。

主に医師やプログラミング、士業等の専門書を高額買取りしています。

専門書だけでなく、料理本や絵本なども取り扱っているので一度ホームページで確認してみましょう。

多少のダメージがあっても、価値のある本は買取りしてくれます。

本についてるバーコードの番号をサイトに入力すれば、その場で査定もできます。

初回は迅速査定が必要となり、査定金額が2,000円を超えたら売却できます。

査定がでたら段ボールに詰めて集荷してもらい、着払いで発送するだけです。

家に居たままで、すべて手続きができるのでまずは気楽に査定してみましょう。

大学受験参考書・赤本、予備校テキスト買取サイト【学参プラザ】

学参プラザは、大学受験の参考書や問題集、赤本、予備校テキスト・教材の買取に特化したサイトです。

大学受験の参考書類や赤本などは大手の古本屋では買取してもらえないか、買取してもらえても買取価格が安いことが多いですが、学参プラザでは1冊ごとに人気や需要を見て買取価格を判断しています。

人気の高いものは発行年度に関わらず高価買取してくれます。

メールやラインで簡単に問い合わせできるので気軽に問い合わせてみましょう。

買取は宅配便の着払いで何箱でも全国送料無料で、段ボールも10箱まで無料でプレゼントしてくれます。

流れなどホームページに詳しく載っていますので確認してみましょう!

専門書、大学教科書、医学書の買取サイト【専門書アカデミー】

専門書アカデミーは、大学の教科書や専門書、医学書、資格試験・就職試験などの教材の買取に特化したサイトです。

5冊以上であれば全国どこからでも送料無料、段ボールに入れて着払いで送るだけの簡単買取!

自動集荷サービスで、買取申し込みフォームで選択した集荷日時に宅配業者が自動的に集荷に来てくれます。

売りたい教科書や専門書、医学書を段ボールに詰めて自宅で待つだけで簡単に売却できます。

公務員試験の参考書・問題集、予備校テキスト・教材なども幅広く買い取ってくれるので、一度買取してくれる本を見てみましょう。

教科書買取専門店による教科書買取サービス【テキストポン】

【テキストポン】では専門学校の教科書も買取りをしてくれます。

キャラクターがかわいい。

きれいな状態の書籍に比べると査定価格は下がりますが、書き込み・マーカー線・破損・汚損、さらには表紙カバーが無くても買取OK!

授業で教科書にラインマーカーや書き込みするのは当たり前ですよね。

よくある面倒な会員登録がないので申込みは簡単です。

場所をとるだけで眠っている教科書は大手古本チェーン店に持って行っても、 重い荷物を運んだ割に買取価格が付かなかったり書き込みやマーカー線で買い取ってもらえないことが大半ですが、ここなら買取りしてくれるかもしれません。

教科書や予備校テキスト関連は【テキストポン】が一番おすすめですね。

古本・CD・DVD買取販売の【もったいない本舗】

『もったいない本舗』は、古本だけでなく、CD・DVD、ゲームソフトの宅配買取サービスを行っています。

専門書や教科書だけでなく、マンガや小説・攻略本など様々なジャンルを買取りしてくれます。

無料で集荷もしてくれるのでらくちんですね。

CDやDVDにゲームソフトなども一緒に売却できるので、引っ越しや家の片づけに最適ですが古本は30冊、CDは20枚以上ないと集荷・買取りしてくれないといった基準があるので、問い合わせ前によく確認しておきましょう。

問い合わせた当日に集荷に来てくれたりと、急いでるときにも便利ですね。

まとめ

古本はすぐゴミの日に出して終了なので比較的簡単に処分できます。

今回はそこにひと手間加えるだけで収入を得ることができる方法を紹介しました。

私も大学の教科書や専門書を高いお金出して買っていたので、処分するのがもったいなくて実家に今も大量に残ってたりします。

これを機に、ネットや買取業者を使ってかしこくお片付けをしてみるのはいかかでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる