世田谷区不用品持ち込みスポットの口コミ・評判や利用法を調査!

CMやネットで人気のジモティーと世田谷区がタッグを組み、新たな試みを始めました。

その名も世田谷区不用品持ち込みスポット

家庭から出る不用品や粗大ごみを引き取り、リサイクル・リユースをしてゴミの排出量を減らす目的です。

以前ニュースにも取り上げられた世田谷区不用品持ち込みスポットですが、10月にオープンされて以来毎日のように人が集まっています。

世田谷区民であればだれでも不用品を持ち込むことができ、リユースできるものに関してはなんと無料で処分できます。

持ち込まれた不用品は敷地内に展示され、必要とする人に譲渡・売却されるのが面白いですね。

今回は、そんな世田谷区不用品持ち込みスポットの口コミ・評判や、利用方法などを調査しました。

こんなお悩みありませんか?
  • 不用品を持ち込んでみたいけど、利用方法がわからない
  • 粗大ごみとして捨てたかったけど、区の予約が埋まってて捨てられない
  • 不用品を捨てるのに費用をかけたくない

そんなあなたにピッタリの不用品持ち込みスポット

世田谷区とジモティーが共同で運営しているため、安心してお部屋のおかたづけができます。

お近くの方は是非、利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
目次

世田谷区不用品持ち込みスポット利用方法

jmty-top

まず、不用品持ち込みスポットを利用するには事前予約が必要です。

ジモティー×世田谷区が運営しているページから申し込みをしましょう。

日時や予約者の情報と持ち込む不用品の詳細を記入します。

当日は身分証を持ってい区必要があるので忘れないようにしましょう。

予約後の日時変更はできないので注意です。

現在予約が殺到しており、かなり先の予定まで埋まっています。

3~4月の引っ越しシーズンに向けたおかたづけを予定している場合は、早めの予約を心がけましょう。

持ち込みできるものとできないもの

reuse

世田谷区不用品持ち込みスポットに持ち込むのは基本的に無料ですが、何でも処分できるわけではありません。

持ち込めるものと持ち込めないものをしっかりと確認してから持ち込みましょう。

持ち込めるもの

持ち込みできる不用品
  • リユース可能なもの全般

基本的に、家具・家電やスポーツ用品、子供用品など様々なものを持ち込めます。

年式が新しいものや、まだまだ使用できるものが対象になっています。

使えるもの使えない物の判断は人によって異なるため、ちょっと判断が難しいですね。

不用品持ち込みスポットの見解では、普通に使用するにあたって何も問題がなく、譲り受けた人が気持ちよく使えるものとされています。

まだまだ使えるけどデザインが古かったり、組み立てが難しいもの、汚れや傷が激しいものは持ち込みできないようですね。

持ち込めない物

持ち込みできない不用品
  • 汚れが激しいものや、目立つ傷があるもの
  • 臭いがついているもの
  • 3編の合計が180cmを超えるもの
  • 寝具、畳
  • テレビや洗濯機などのリサイクル家電4品
  • 自転車
  • 管理医療機器(マッサージチェアー)

大きなものは基本的に受け付けてもらえません。

受付会場が大きくないので保管も大変なのでしょうね。

自転車なども防犯登録などが手間なので省いているようです。

世田谷区不用品持ち込みスポットの所在地と利用可能な期間

Kitami-sta

住所:世田谷区喜多見1-4-2

2021年10月6日~2022年3月31日までが利用可能です。

運営時間は9:00~17:00

火曜日は定休日になっています。

この実証実験ではすでにかなりの不用品が取引されています。

3月はかなりの混雑が見込まれるので早めに予約しておきましょう。

不用品持ち込みスポット利用者の口コミ・評判

reuse

それでは口コミや評判を見ていきましょう。

良い口コミ・評判

大好評ですね。

やはり無料で不用品を処分できるのと、捨てるくらいなら誰かに使ってほしいという人はたくさんいます。

こういった持ち込みスポットは世田谷区だけでなく、他の地域でも実施してほしいという声がたくさんありました。

悪い口コミ・評判

あまりの人気に問い合わせが殺到して、なかなか予約が取れない現状。

受け入れ場所があまり大きくないため、何でもかんでも受け入れてはすぐキャパオーバーになってしまいます。

そのため予約数を制限しているので、早い者勝ちになっていますね。

また、立地の関係上車で持ち込まないとあまり多くの不用品を処分することができないようです。

不用品持ち込みスポットを利用するメリット・デメリット

reuse

利用するメリット

メリット
  • 無料で不用品を処分できる
  • 受け入れ先が世田谷区xジモティーの運営なので、安心して処分できる
  • 他の人のリユース品が安く手に入る
  • 予約が取れれば希望の日にちに持ち込める

無料で処分できるのが何よりもうれしいですね。

なにかと物を処分するのにお金がかかるこのご時世、ジモティー利用者が増え続ける理由はココですね。

中には1日おきに利用しに来る人もいるとか。

リユース品に関しても、未使用なものがあったりと、掘り出し物を見つけることができそうです。

「ほぼ1日おきに来てます」ジモティーと世田谷区が持ち込みスポット  …朝日新聞デジタル

利用するデメリット

デメリット
  • 予約がかなり埋まっている
  • 受け入れ不可なものが多い
  • 立地がちょっと悪い

持ち込みは世田谷区民限定とはいえ、かなり予約が殺到しています。

直近1か月は埋まっているとの情報があるため、早めの予約が必要ですね。

壊れたものや酷い傷があるものなど、受け入れしてもらえる基準がやや厳しいようです。

再利用・販売を目的としているため、修復できない物や壊れているものは扱いに困ってしまいます。

自転車や徒歩での持ち込みも、立地的にやや難しいとの声があります。

どんな人が利用しているの?

junk
利用者の特徴
  • 家のおかたづけで不用品を処分したい
  • お金をかけず不用品を捨てたい
  • 捨てるくらいなら誰かに使ってほしい者がある人
  • 掘り出し物がないか探しにきた

やはり、お得に不用品処分をしたい人がほとんどですね。

世田谷区×ジモティーのページを見てやってくる人も沢山います。

ジモティーの店舗ページにリユース品の一覧が載ってるので、欲しいものがあるかチェックしてみましょう!

持ち込めなかったものはどうすればいい?

reuse

傷や破損が酷いものに関しては区の粗大ゴミ不用品回収業者を利用して処分しましょう。

粗大ゴミ処理券を購入し、予約を取って指定日時に搬出します。

区の粗大ごみ回収も結構予約が埋まってることが多く、年末や3~4月の引っ越しシーズンは2か月先まで予約が埋まってることがあります。

急な引っ越しで急いでいたり、大きくて一人では処分できないものがあったら、不用品回収業者に依頼しましょう。

粗大ごみとして捨てるよりも料金が掛かりますが、ゴミの分別や搬出・運搬全てやってくれます。

世田谷区不用品持ち込みスポットに持ち込めなかったら、ぜひ利用しましょう。

別記事にて不用品回収に依頼する際に注意したいことなどをまとめているので、参考にしてみてください。

まとめ

世田谷区喜多見で試験的に行われている不用品のリユース促進運動。

年々増え続ける粗大ごみの量を少しでも減らそうという運動は日本全国が注目しています。

世田谷区とジモティーがタッグを組み、ジモティーのサービス・ブランド力を活かした、画期的な試みです。

世田谷区だけでなく、他の地域でも実施してほしいですね。

近くに住んでいる人は是非一度利用してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる