\ 2022年最新おすすめ不用品回収業者BEST10をcheck!/

不用品回収くまのては信頼できるの?口コミ・評判をプロが徹底分析!

近頃、webでよく見かける人気の不用品回収業者

様々なランキングサイトや口コミで、くまのての良い評判を見かることが多いですね。

しかし口コミサイトには悪質な不用品回収業者のサクラによる書き込みが多かったりと、どの情報を信じていいのかわからないという方も多いと思います。

そこで真実を確かめるべく、様々なサイトやSNSをもとに不用品回収くまのてを調査してみました。

この記事では、様々なサイトでよく見かけるくまのての特徴や評判・口コミを不用品回収歴8年のプロが調査・分析し、優良企業かどうか判別します。

また、評判・口コミを参考にくまのてを利用するメリット・デメリットについても詳しく解説していきますので参考にしてみてください!

\ まずは電話で無料見積もり!/

スポンサーリンク
目次

不用品回収くまのてはどんな業者?

くまのて
出典:くまのて公式HP
調査内容
  • くまのてはどんな不用品回収業者なのか
  • くまのての特徴
  • 口コミ・評判を分析
  • 料金プラン・料金の計算方法
  • くまのてを利用するメリットとデメリット

細かく調査したところ、くまのては比較的安くて安心して依頼できる不用品回収業者と言えます。

主な理由としては実際に利用した人の満足度が非常に高く、回収の際にしっかりとした料金説明があることが最大のポイント。

複数の業者で相見積もりをしてみると、くまのてを選ぶ人が多いことから価格帯だけでなくスタッフの対応も優れていることがわかります。

どの不用品回収業者に依頼するか迷ったり、相見積もりをする業者を探していたらぜひくまのてに問い合わせてみることをおすすめします。

それでは不用品回収の基本的な情報をまとめていきます。

くまのてのサービス内容

対応サービス
  • 不用品回収/買取り
  • ゴミ屋敷清掃 ※ハウスクリーニングは除く
  • 残置物撤去
  • 引っ越し
  • 遺品整理 ※供養・お焚き上げは非対応

基本的に不用品の回収・処分のみで、ハウスクリーニングやお焚き上げといった特殊な作業は対応していません。

作業実績

実績
  • 高級・高層マンションでの回収実績が豊富
  • ロフトベッドやシステム家具の迅速な解体が可能
  • 少量の不用品でも当日予約で回収可能!

タワーマンションなどの回収は対応していない業者が結構多いため、くまのては貴重ですね。

タワーマンションなどの高級マンションは何かと手間がかかるので面倒だったりします。

対応エリア

くまのての対応エリア

・東京都
全域

・神奈川県
横浜市/川崎市/相模原市/海老名市/座間市/綾瀬市/平塚市/鎌倉市/藤沢市/茅ヶ崎市/秦野市/厚木市/大和市/伊勢原市/寒川町/愛川町/清川村

・埼玉県
所沢市/入間市/狭山市/和光市/新座市/朝霞市/志木市/戸田市/川口市/蕨市/八潮市/さいたま市/富士見市/三芳町

・千葉県
市川市/浦安市

都内を中心とした関東圏内が対応エリアになっていますね。

都内など、くまのての拠点から近いエリアは最短30分で駆けつけてくれます!

不用品回収くまのての特徴や強み

くまのての特徴
  • 電話でおおよその回収料金を教えてくれる
  • スタッフの紹介ページに作業スタッフの写真が載っている
  • 料金プランがわかりやすい
  • 作業スタッフの物腰が柔らかく安心できる
  • 処分したいゴミが変更になっても対応してくれる
  • 公式HPが細かいところまで丁寧に作りこまれている
対応サービス不用品回収/遺品整理/ゴミ屋敷清掃/残置物撤去
料金プランくまトラSSプラン12,000円
積み放題プランなし
無料出張見積もり
受付時間9:00~21:00
対応エリア東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県 ※一部対応エリア外
キャンセル
支払い方法現金/各種クレジットカード
キャンペーンなし
許認可古物商許可
定休日なし
運営会社株式会社UTo
本社所在地東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル32階
不用品回収くまのての概要

受付から現場スタッフまで皆丁寧な接客を心がけている様子。

不用品回収業者に不安な印象を持っている人も安心して問い合わせできる業者です。

問い合わせた後に処分したいゴミが増えても大丈夫。

もし当日までにゴミが増えても、快く対応してくれる柔軟性も評判ですね。

信頼できる業者を見極めるコツとして、作業スタッフの写真が載っているか確認するというものがあります。

くまのては定期的にスタッフページを更新しています。

どんな人が来るか不安に思うひとでも、くまのてなら安心して依頼できますね。

\ まずは電話で無料見積もり!/

不用品回収くまのての評判・口コミを徹底分析!

くま

優良な不用品回収業者を探すには、口コミ・評判を参考にするのが一番です。

不用品回収業界歴8年のプロが、サクラや工作員による書き込み・ランキングに惑わされずに隅々までcheckしてきました。

その中でも特に気になった口コミや評判を解説を交えて紹介していきます。

くまのての良い評判・口コミ

twitter、instagram、やwebサイトなどから気になった口コミ・評判をまとめ、分析します。

まずは良い口コミ・評判から。

くまのての良い評判

評判
  • 作業スタッフが優しい
  • 他社と比べて料金が安い
  • 大きな会社だから安心できる
  • 不用品の量に応じた納得のいく料金案内をしてくれる

複数の業者にて相見積もりした結果、くまのてを選ぶ人が多いようです。

現場の作業員も印象が良く、初めての人も安心して利用できます。

料金も依頼人の前で実際に不用品を計測してから案内するため、納得のいく金額・作業になっていますね。

くまのての良い口コミ

相見積もりをして料金を比較した結果くまのてを選んだという人が多いようです。

30代:会社員
電話するのがちょっと怖かったので、見積もりや日程調整などメールで対応してもらいました。
事前にメールで見積もりを出してもらいましたが、当日にきちんと計測して貰い料金に納得できたので処分してもらいました。
作業員さんの対応がとてもよく、丁寧だったのでとても安心しました!
20代:学生
田舎に帰るため、家の中のものを全部処分してもらいました。
受付の人も優しく、とても丁寧だったのが印象的でした。
当日の回収も手慣れた手つきで次から次へと運び出していきました。
壁や床に傷がつかないように気にしてくれてとても丁寧で良かったです。

受付・作業員ともに対応が素晴らしいという評価ですね。

わからないことも丁寧に教えてくれて、初めて依頼する人にも親身になってくれています。

50代:会社員
会社の急な転勤で引越しすることになりかなり焦っていたところ、くまのてさんを発見。
昨日の夜問い合わせたのに次の日の朝には来てくれた。
めっちゃ早い。
作業員の対応がすごくよく、手際も申し分なし。
回収する量が多かったためいくつかの業者に見積もりを依頼したが、ダントツで安かった。

口コミ・評判を見ると、作業員の印象がとても好評なのがわかります。

他社と比べるとかなり安くなっている案件が多く、ぼったくられる心配はないようです。

当日の見積もりや回収作業においても文句なしの様子。

googleに書かれている口コミに対しても1件1件丁寧に返信しているのも好印象ですね。

くまのての悪い評判・口コミ

続いてあまり良くない口コミや評判です。

くまのての悪い評判

評判
  • 買取り額が安い
  • 対応エリアが狭い
  • 受付スタッフの対応に差がある

対応エリアが狭いのがネックですね。

くまのては他社と比較しても良いサービスを行っているため、対応エリアの拡大が望まれます。

買取りに関しては家電のみになっており、年式が新しいものでないと高額買取は行っていません。

新しい家具や家電はリサイクルショップなどで売却したほうがお得ですね。

受付スタッフについては大きな不用品回収業者にはありがちなのですが、アルバイトを雇っている可能性があります。

くまのてに限らず、経験が浅いアルバイトなどは問い合わせのやり取りが不自由だったり、見積もり額がアバウトになる事が多々あります。

くまのての悪い口コミ

20代:学生
事前に大きさを伝えたのに、見積もりで聞いていた料金よりも高くなった。
30代:会社員
処分したいものが増えたのでまた見積もりをしてもらおうと別の日に連絡した。

受付の態度は良かったが、情報が共有されていないのかまた最初から伝える羽目になった。

良くない口コミに関しても受付に対することが多く見られますが、これには理由があります。

計測して料金を出すシステムの不用品回収業者は、電話やメールの時点で回収料金を決定することを嫌います。

依頼人が伝える情報が本当に正確なのか判断が難しいため、見積もりの精度が甘くなってしまうことが。

回収に行った際に、問い合わせで聞いていた荷物の大きさが全く違うといった事がかなりの頻度で起きます。

くまのてに限らず、電話で聞いた見積もり額と当日に計測して出た額に差が出て料金トラブルになるケースはこのパターンが多いです。

経験の浅いアルバイトやスタッフにはこの判断が難しく、依頼人に誤解を与えてしまうことがあるんですね。

対策として依頼の際に電話口で受付の質を判断するのは少し難しいですが、少しでも「ん?」と思ったら別の人に変わってもらうといいでしょう。

こういった理由から、受付の対応を判断・比較するためにも相見積もりが必須になります。

\ まずは電話で無料見積もり!/

不用品回収くまのてを利用している人の特徴

くま
利用者の特徴
  • 【男女比率】男性:37% 女性:63%
  • 初めて不用品回収業者を利用する
  • 急いで不要な物を処分したい
  • 不要な物が重くて一人で運ぶのが搬出が困難
  • 引っ越しに伴っていらない物を処分したい
  • 建物の取壊しの前に不要な物を処分する必要がある

ちょっとした片付けから大規模な不用品回収や急な引っ越しなど、かなり幅広い層から利用されています。

作業スタッフの対応がいいため、女性からの問い合わせが多く、リピーターが増え続けている様ですね。

受付の対応も、他社に比べるとかなり丁寧な印象を受けます。

初めて不用品回収業者の利用を考えてる人にも、くまのては特におすすめです。

くまのての料金プランについて詳しく解説

くま

くまのての料金プランについて確認していきましょう。

不用品回収業者のHPにはどこも料金プランを載せていますが、くまのてはかなりわかりやすく掲載されています。

初めて不用品回収業者を利用する人にも親切なサイト設計になっているのがわかりますね。

くまのての定額プラン

料金プラン金額
くまトラSS (0.8㎥)12,000円~
くまトラS (2㎥)23,000円~
くまトラM (4㎥)40,000円~
くまトラL (7㎥)80,000円~
くまトラLL (14㎥)150,000円~
くまトラ3L (20㎥)220,000円~
くまのて料金プラン表

1㎥あたりの料金を見るとくまトラMプランが一番お得になっていますね。

くまのての料金プランは定額なので、含まれているオプションをよく確認しておきましょう。

定額料金に含まれているオプション

無料オプション
  • 搬出作業料金
  • 階段料金 ※2Fまで無料
  • スタッフ追加料金
  • 車両料金
  • 出張料金
  • エアコンの取り外し
  • 梱包作業
  • 分別作業

エアコンの取り外しや分別がすべて込みの料金なのはなかなかにお得です。

基本料金や車両費、人件費など細かくめんどくさい料金がすべて込みになっているためわかりやすいですね。

他社では有料になっているオプションも、くまのてではサービスになっている部分がいくつかあります。

梱包や分別が不要なのも便利で、ちょっとした片付けでも気軽に利用できますね。

別途料金が発生するケース

別料金が発生するケース
  • エレベーターがない建物の3F以上からの回収
  • トラックが近くに止められない場合
  • エレベーターやエントランスに養生が必要な場合
  • 搬出の際に解体が必要な場合(大きなソファやベッドフレーム等)

回収場所の環境や、養生が必要になる範囲に応じて料金が発生します。

建物の前からトラックが駐車できる位置まで、大体何メートルかざっくりと把握しておくとスムーズです。

問い合わせ時に受付スタッフにきちんと伝えておき、料金トラブルが起きないようにしましょう。

くまのての回収費用の算出方法を詳しく解説!

くまのては積み放題ではなく、不用品の大きさの合計によって料金が決まります。

作業スタッフが処分する物の容積(㎥)を計測し、最適な料金を案内してくれます。

例えば作業スタッフの計測により、算出された容積の合計が1.5㎥だったとしましょう。

くまトラSS(0.8㎥)と、くまトラS(2㎥)の中間くらいの容積ですね。

この場合はくまトラSの23,000円が発生するのではなく、中間あたりの15,000円の料金が発生します。

くまのては荷物の大きさによって柔軟に料金を調整してくれるため、依頼したプランに対して損するといったことがありません。

当日の不用品の増減にも快く対応してくれる優良な不用品回収業者です。

予算に応じた不用品の回収もしてくれるので、少しでも悩んでいたらまずは気軽に問い合わせてみましょう。

\ まずは電話で無料見積もり!/

口コミ・評判からくまのてを利用するメリットとデメリットを分析!

くま

メリット・デメリットを確認していきましょう。

どの不用品回収業者にも得意不得意があるため、それらを把握・比較して納得のいく不用品回収業者を見つけることが大切です。

くまのてを利用するメリット

メリット
  • 電話で見積もりが取れる
  • 作業スタッフが信頼できる
  • 当日対応が可能
  • 料金が比較的安い
  • 万が一物損事故が起きても損害賠償保険がある

電話で気軽に見積もり額を聞けるのはうれしいですね。

相見積もりのために、基準となる料金を調べるのに有効です。

怖い印象を受ける不用品回収業者ですが、ここまでスタッフの印象がいい回収業者は多くありません。

初めて利用する人にも、自信を持っておすすめできる不用品回収業者です。

万が一、壁や床に傷がついてしまっても賠償保険があるため安心ですね。

くまのて利用するデメリット

デメリット
  • 対応エリアが狭い
  • 女性スタッフがいない
  • 受付スタッフの料金案内に少しムラがある
  • 買取りしてくれるものが家電のみ

どんなにいいサービスでも、対応エリア外であれば依頼できないのは残念なところですね。

女性スタッフがいないため、男性スタッフを家にあげることに抵抗がある人は少し利用しにくいかもしれません。

受付スタッフによって見積料金にややムラがある所がくまのてで唯一の不安要素です。

料金に疑問を感じたら返事を保留し、適正な案内をされているか調べるためにも相見積もりを行いましょう。

製造年式の新しい家具・家電はリサイクルショップやオークションサイトで売却したほうがお得ですね。

買取店舗に直接持ち込んだりと、売却は少し手間ですが少しでも安くお得に処分したい場合は検討してみましょう。

不用品回収くまのての問い合わせ方法について

くま

くまのての問い合わせ方法はとても簡単。

電話で問い合わせる

急いでいたり、正確な見積もりが欲しい場合は電話で問い合わせましょう。

回収希望の地域と処分したい不用品の詳細を伝えておおよその処分料金を出してもらいます。

不用品の高さx横幅x奥行をなるべく正確に伝えることで、より正確な見積金額を教えてくれます。

トラックが駐車できる位置や、間取りなどを伝えると料金トラブルになりにくくなるので確認しておきましょう。

メールで問い合わせる

くまのて公式HPのお問い合わせフォームから見積もりをしてもらう方法です。

直接電話するのが嫌だったり、忙しくて通話ができない人はこちらから問い合わせましょう。

手順を簡単に紹介します。

STEP
公式HPの「メールでお見積り」をクリック
kumanote-info
出典:くまのて公式HP

入力フォームのページに行きます。

STEP
作業希望日や時間帯など、依頼内容を入力する
kumanote-info
出典:くまのて公式HP

メールアドレスに不備があると返信が来ないので、間違いがないように入力しましょう。

荷物が大量にある場合は出張見積もりに来てもらった方が無難です。

不要なものリストにはなるべく正確に荷物の詳細を記入しておきましょう。

STEP
問い合わせ完了
kumanote-info
出典:くまのて公式HP

内容を確認して、「送信する」のボタンを押します。

メールが帰ってくるのを待ちましょう。

返事が来ない場合は見落としているかメールアドレスに不備があるので、もう一度送ってみるといいですね。

\ まずは電話で無料見積もり!/

不用品回収のトラブルを避けるためにできること

くま

ぼったくりや不法投棄など、依然として悪質な業者が数多く存在する不用品回収業界。

被害に遭わないように、事前にしっかりと対策を取ることが必要になります。

相見積もりを取る

誰でも簡単にできる対策の一つとして、などで相見積もりを取る方法があります。

相見積もりとは、複数の業者に問い合わせて見積もりを取り、料金や対応などを比較することです。

重要なのは回収料金だけでなく、受付や出張見積もりにきたスタッフの対応をチェックしておくことです。

安い料金を案内されたからと言って、安易に決定するのは危険です。

スタッフの言葉遣いやしっかりとした説明、態度などを総合的に見て判断しましょう。

別記事にて実際に起きるトラブルやその対応策などを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

今回は不用品回収業者について、評判や口コミを分析・調査してきました。

業者選びにおいて、googleの口コミは利用者のリアルな声が聞けるため非常に参考になります。

評価の高い口コミしかない不用品回収業者は逆に怪しいのがこの業界。

良い評判・悪い評判諸々を総合的に見て、くまのてはかなり安心して依頼できる数少ない不用品回収業者です。

くまのてはスタッフの対応がかなり良いので、初めて不用品回収業者を利用する人にもおすすめですね。

優しく対応してくれるので、まずは気軽に不用品回収でいくらかかるか相談してみましょう。

\ まずは電話で無料見積もり!/

このブログでは不用品回収歴8年のプロが、信頼できる不用品回収業者や捨て方がわからない物のお得な処分方法について紹介しています。

相見積もり先や安心して利用できる不用品回収業者を探していたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次