ピアノの処分方法6選!無料で処分するコツと人気の買取業者を比較!

引越しや家の片づけでピアノの処分に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

かなりの重量があるピアノは一人で処分するのは難しいですよね。

この記事では使わなくなったピアノを簡単に処分する方法や、買取業者について詳しく紹介しましょう。

こんな人にピッタリ
  • 子供が家を出ていらなくなった
  • 引越しのついでに片づけたい
  • まだそんなに古くないから売りたい
  • ピアノの買取業者ってどうやって選べばいいの?

ピアノの買取業者に売却することで手間や時間をかけずに処分できます。

下手に自分で捨てようとすると、家を傷つけたり思わぬ事故につながりとっても危険ですね。

買取業者に依頼すればベテランのスタッフが迅速に搬出し、買取・処分してくれます。

状態が良ければお金になることも多いため、複数の業者に査定してもらいましょう!

この記事を10秒で読む!
  • 寄付や粗大ごみに出すのはかなり大変
  • 無理に自分でやるのは危険
  • おすすめは買取業者に引き取ってもらう事
  • 複数の買取業者に見積りをしてもらうことが大事
  • 【まとめ】ピアノの買取業者に依頼すれば無料で処分できる!
スポンサーリンク
目次

ピアノの簡単な処分方法6選!

piano

さっそく処分方法を紹介していきましょう。

ピアノの処分方法
  • 自治体に粗大ゴミとして処分する
  • フリマやオークションサイトに出品する
  • 知人に譲る
  • 施設などに寄付する
  • ピアノ専門の買取業者に依頼する
  • 不用品回収業者に依頼する

それぞれ詳しく解説していきます。

自治体に粗大ゴミとして処分する

自分の住んでいる地域の自治体で粗大ゴミとして処分する方法です。

比較的安値で処分できる方法ですがいくつか問題点があります。

電子ピアノなど、解体が簡単なものに関しては2,000円程で処分できますが、アップライトやグランドピアノはそもそも受け入れてもらえない地域がほとんどです。

処分施設に直接持ち込んだとしても受け入れ拒否されてしまうことが多いので、事前によく確認しておきましょう。

フリマやオークションサイトに出品する

少々手間がかかりますが、無料で処分できる方法の一つですね。

ヤフーオークションやメルカリといったサイトに出品することで売却できます。

大きなピアノに関しては梱包や運び出しが大変なので、周囲に気を付けましょう。

知人に譲る

友人や家族に譲る方法です。

こちらも運び出しの時に気を付けたい方法ですね。

郵送するにもかなりの重量があるため高くついてしまう場合があります。

ジモティーなどで欲しい人を探すのもいいですね。

トラックなどを所持していれば近くまで取りに来てくれるかもしれません。

施設などに寄付する

知人に譲る方法と同様に、郵送費がかかってしまう場合があります。

ピアノを受け入れてくれる施設は結構ありますが、事前に各施設のサイトで受け入れ状況を確認しておきましょう。

ピアノ専門の買取業者に依頼する

ピアノの処分にイチオシなのが買取業者に依頼して買い取ってもらう方法です。

費用をかけずにピアノが処分でき、搬出・運搬をすべて業者に依頼できます。

状態が良ければ高額で売れることもあるため、まずはピアノの買取を検討しましょう。

複数の業者に査定してもらうことで、よりお得に処分できますね。

不用品回収業者に依頼する

買取業者に依頼して、買取を断られてしまった場合は不用品回収業者に依頼しましょう。

重量や大きさがかなりあるため、相応の費用が発生します。

ピアノの買取業者同様に搬出から運搬・処分まで一通りお願いできるので、最後の手段として検討してみてください。

いらなくなったピアノの処分は売却がおすすめの理由

piano

ピアノの処分に売却をおすすめする理由について紹介します。

売却をオススメする理由
  • 手数料・運搬費がかからない
  • 不要なピアノがお金になる
  • 依頼してから数日で処分が完了する
  • ピアノ搬出時のリスクが減る

それぞれ解説しましょう。

手数料・運搬費がかからない

処分したいピアノが買取可能だった場合、搬出や運搬に費用が発生しません。

ピアノをベランダから家に入れた場合でも、吊り下げ作業を無料で対応してくれるところが多いです。

買値がつかなかった場合は処分費などが発生してくるため、よく確認しておきましょう。

不要なピアノがお金になる

状態の良いピアノは高額で買い取ってくれます。

処分するだけでなく、逆にお金になるのでお得ですね。

依頼してから数日で処分が完了する

粗大ゴミで出す場合は、申し込んでからしばらく待つ必要があります。

予約状況によっては数か月先まで処分できないことも。

買取業者に依頼すれば、査定後に日程調整をして早ければ翌日にも処分できることがあります。

ピアノ搬出時の事故リスクが減る

重量があるピアノは1人2人で運ぶのはかなり大変です。

下手に自分たちでやろうとすると、転倒したり壁に傷を作ってしまう危険性があります。

買取業者に任せることで、安全で速やかに搬出できるので無理しないように。

ピアノの処分費用はいくらくらいかかる?

piano

ピアノの種類や大きさによって処分にかかる費用が変わってきます。

搬出費や出張費・吊り下げ作業による手数料も発生することがあるため、確認しておきましょう。

スクロールできます
グランドピアノ 30,000円~50,000円
アップライトピアノ 20,000円~30,000円
電子ピアノ 15,000円~25,000円
シンセサイザー 10,000円~20,000円
吊り下げ作業 10,000円~30,000円  ※状況に応じて
ピアノ処分費用相場

買取・回収業者により料金設定が異なります。

吊り下げ作業に関してはベランダや道路の状況に応じて変わってくるため、査定時にチェックしておきましょう。

人気のピアノ買取業者を比較

piano

人気のピアノ買取業者5社を比較してみましょう。

スクロールできます
ピアノ買取業者
グランドピアノ買取可能買取可能買取可能買取可能買取不可
アップライトピアノ買取可能買取可能買取可能買取可能買取不可
電子ピアノ 買取可能買取不可買取不可買取可能買取可能
出張見積もり 無料無料不明無料宅配買取のみ
出張料金 無料無料無料無料要問い合せ
搬送料金 無料無料無料無料
吊り下げ作業費無料有料有料
キャンセル 可能可能可能可能可能
対応エリア 全国関東/関西不明全国関西
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
ピアノ買取業者比較表

対応エリアや処分したいピアノに見合った業者を選ぶといいですね。

ではweb上で簡単に査定ができるので、自分が所有しているピアノがいくらになるのか気軽に調べてみましょう。

全国対応かつ手数料がすべて無料のは特に人気の買取業者で、問い合わせが殺到しているようです。

お得にピアノを買取・処分してもらう為のコツ

piano

ピアノの買取業者で少しでもお得に処分するために、以下のことを確認しておきましょう。

査定をupさせるコツ
  • ピアノの買取実績を確認
  • 処分したいピアノが買取対象になっているか
  • 買取強化キャンペーンなどを実施しているか
  • 吊り下げや出張料などの手数料はかかるか

処分したいピアノの種類だけでなく、設置されている環境にあわせた買取業者選びが大切です。

それぞれ解説していきます。

ピアノの買取実績を確認する

ホームページで買取業者の実績を確認してみましょう。

どんなピアノのをどれくらいの値段で買い取っているのか参考になります。

実績が豊富な業者は経験豊富はスタッフが在籍しており、納得のいく査定をしてもらえます。

処分したいピアノが買取対象になっているか

業者によっては買取対象となるメーカーや機種が異なります。

グランドピアノやアップライトは買取しているけど、電子ピアノはNGという買取業者も。

問い合わせ時に処分したいピアノのメーカーを確認し、買取対象になっている業者を選びましょう。

買取強化などのキャンペーンを実施しているか

通常よりも査定額がupするキャンペーンを実施している業者はチェックしておきましょう。

業者が買取を強化しているメーカーであればよそで売却するよりもお得です。

吊り下げや出張料などの手数料はかかるか

手数料や吊り下げといった作業量が発生しないか確認しておきましょう。

主張費・作業費は無料でも、吊り下げといった特殊作業料は別途発生することがあります。

家にピアノを入れた時の状況を思い出し、見積もり時に業者スタッフへしっかりと伝えておきましょう。

業者によって買取基準や手数料が違うので、しっかりと比較し、査定してもらうことが重要です。

ピアノを高額買取してもらうためにやっておくべきこと

piano

ピアノをきれいにしておく

鍵盤やカバーをキレイにしておきましょう。

ホコリや汚れを取り除くことによって査定額がupすることがあります。

磨きすぎて傷がつかないように注意しましょう。

保証書や椅子などの付属品をまとめておく

購入時についてきた保証書などの付属品を取っておくことで査定額のupが見込めます。

説明書やペダル・椅子など、できる限りまとめておきましょう。

複数の買取り業者に査定してもらい比較する

一つの業者だけでなく、複数の業者で査定してもらい比較しましょう。

どうせなら少しでも高い業者に依頼したいですよね。

買取りが難しいピアノの特徴について

piano
買取が難しいピアノ
  • 製造年式が古い
  • 壊れて修復が難しい
  • 買取の価格相場が著しく低いもの

業者にもよりますが、あまりにもボロボロで修復が不可能と判断されたものは値段がつかないことがあります。

パーツの欠品や傷などはそこまで査定には響かないので、一度見積もりに来てもらいましょう。

もしピアノに値段がつかなかったら

piano

ピアノ買取業者に有料で引き取ってもらう

値段がつかないピアノは処分になります。

ピアノの処分をしてくれるサービスもあるので利用してみるのもいいですね。

不用品回収業者に依頼する

ピアノを回収・処分してくれる業者が見つからなかったら不用品回収業者を利用しましょう。

こちらも回収業者によって費用が異なるため、処分のための見積もりが必要になります。

不用品回収業者の一括見積サイトを利用すると、1回の問い合わせで複数の業者で費用を比較できます。

他にも不用品がある場合はついでに処分しちゃいましょう。

まとめ

使わなくなったピアノの処分方法や買取業者について紹介してきました。

ピアノの処分は業者に任せることで、安全かつお得に処分することができます。

処分したいピアノがどんな状態なのか、どうやって家に運び込んだのかしっかり確認しておくことでスムーズな買取・処分が可能です。

この記事を読んでくれた方にピッタリの処分方法が見つかることを願います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる