仏壇を正しく処分する方法4選!気になる費用や魂抜きについて解説

永代供養への切り替えや、新しい仏壇の買い替え時に不要になった仏壇は処分が必要になります。

しかし、普段の生活で仏壇を処分する機会はあまりありませんね。

仏壇の処分には様々な手順が必要なため、正しい処分方法を知っている人は少ないでしょう。

この記事では仏壇の処分方法や供養について、また処分費用の相場を比較していきます。

スポンサーリンク
目次

仏壇を処分する4つの方法

自治体に粗大ゴミとして出す

仏壇は粗大ゴミとして処分できます。

特に仏壇の処分に抵抗がない人は一番安価で処分できる方法になります。

自治体によっては解体が必要だったりするので、事前によく確認しときましょう。

お寺で引き取ってもらう

仏壇を処分するにおいて、一番安心できる方法です。

菩提寺に依頼すれば、開眼供養から閉眼供養、お焚き上げまで全て執り行ってくれます。

処分費用に関しては依頼するお寺ごとに決まっているので確認が必要です。

仏具店に引き取ってもらう

近くの仏具店に引き取ってもらう方法です。

新しい仏壇の買い替えなどで、不要になった仏壇を下取りしてくれる店舗もあるため、おすすめの方法です。

店舗によって運搬料が発生する為、よく確認してから依頼しましょう。

不用品回収業者に依頼する

引っ越しで急に処分が必要になったり、他の不用品も一緒に処分したい場合は不用品回収業者に依頼するといいでしょう。

不用品回収業者は即日対応してくれたりする心強い味方です。

その分不用品回収の費用が発生するので、不用品の回収費用や日程をよく確認しましょう。

別の記事にて、不用品回収業者に依頼する際に使えるコツをまとめてるので参考にしてみてください。

注意点としては供養などの対応をしてくれない業者がほとんどなため、事前に済ませておきましょう。

仏壇を処分するタイミング

引っ越し

引っ越しをするタイミングで仏壇を処分し、永代供養に切り替える人が増えています。

新居に仏壇を配置するスペースがない場合に多いですね。

居住スペースの確保

家に住む家族が増えた際に、結構場所を取っている仏壇を処分して小さな仏壇に買い替えたりします。

遺品整理

住んでいた方が亡くなり、遺品整理の際に仏壇も一緒に処分するケースです。

遺品整理業者は遺品の整理に供養から処分まで全て手伝ってくれるので、依頼する人が増えてきています。

遺品整理について別記事にてまとめていますので参考にしてみてください。

仏壇を承継する人がいない

子供がいない家庭や、仏壇を誰も継承する意思がない場合に処分するケースです。

一般的には親族の長男が継承しますが、仏壇はスペースを取るので家に置きたがる人は少ないです。

永代供養に切り替える

仏壇の場所を取らず、比較的安価で供養できる永代供養が流行ってきています。

永代供養に切り替えると、家にある仏壇は不要になるため処分します。

仏壇の処分で注意するポイント

供養をしてもらう

処分する前には供養をしてもらいましょう。

閉眼供養により、仏壇に宿っていた魂を抜き取ることで気兼ねなく処分できるようになります。

費用の確認

仏壇の処分費以外にも、運搬や供養、お焚き上げなど処分法によってかかる費用はまちまちです。

処分を依頼したら必ず確認しておきましょう。

仏壇の配置場所を確認

古い仏壇を処分して、新しいものに買い替える場合は配置場所に気を付けましょう。

方角や大きさなど、宗派によって細かく分かれています。

仏壇処分の費用相場の比較

仏壇を処分する際にかかる費用について比較してみましょう。

処分方法処分費用
粗大ゴミ500円~2,000円
お寺0円~40,000円
仏具店20,000円~60,000円
不用品回収5000円~15000円

自治体に粗大ゴミとして出す方法が圧倒的に安いですね。

次に安い不用品回収ですが、これは供養やお焚き上げなどの対応はしてもらえないことが多いため、事前に魂抜きをしておく必要があります。

仏具店は運搬作業料などが店舗によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

お寺での処分は、お気持ちということで包む金額は自身の判断に任せるといったところが多いようです。

閉眼供養と魂抜きについて

自宅などに仏壇を設置する際に魂を宿す開眼供養を行います。

この宿された魂が入ったまま仏壇を処分してしまうのはよくないとされています。

そこで、仏壇を処分する際にやっておきたいのが閉眼供養です。

閉眼供養は仏壇に宿った魂を抜く所謂魂抜きの事で、お坊さんに依頼して執り行うのが一般的です。

お寺での供養が済んだらそのままお焚き上げをしてもらったり、粗大ゴミとして処分しても問題ないとされています。

処分するものが仏壇のみで、仏像や位牌、仏具を手元に残して置く場合は魂抜きをする必要がありません。

ご本尊や位牌には魂が宿った状態の物は大切に保管しておきましょう。

買い替えるならコンパクトでおしゃれな仏壇に!

最近では洋室にも合うように、おしゃれでコンパクトな仏壇に買い替える人が増えています。

省スペースなため、マンションやリビングにも起きやすい仏壇がたくさんあるので、買い替える際には検討してみてはいかがでしょうか。

高価なものから安価なものまで様々ありますね。

まとめ

仏壇の処分には色々と手間がかかりますね。

しかし、正しい手段で適切に処分することで、仏壇に宿っていた魂の帰る場所を用意してあげることはとても大事です。

宗派や依頼するお寺によって処分の手順が決まっていたりするので、事前にしっかりと確認しておくことが重要です。

仏壇を処分する前に家族とよく相談し、納得のいく処分方法を選びましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる