【宅配査定】バッグやカバンを上手に処分する6つの方法とは?

仕事や遊び・旅行など、生活するうえでいつも持ち歩いているバッグやカバン。

人気ブランドでは素敵な新作が毎シーズン発表されて、ついつい買ってしまいますね。

プレゼントとしてもらう機会が多い人もたくさんいます。

気づいたらクローゼットや押し入れにカバンがいっぱい溜まっちゃっているなんてことも!

  • 高価なブランドバッグを買ったけどもったいなくて使ってない
  • 旅行で1度使って以来ずっと押し入れで眠っている
  • 次々に新しいバッグを買いすぎて保管場所がない!
  • 断捨離してスッキリさせたい!

そんなあなたにピッタリの処分方法を見つけましょう!

この記事ではかさばりやすいバッグやカバンの処分方法について紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

バッグ・鞄の処分方法6選!!

要チェックPOINT!!

  • リサイクルショップに持ち込む
  • オークションやフリマアプリに出品する
  • バッグや鞄など専門の買取業者を利用する
  • 他人に譲る・寄付する
  • 分別して自治体のゴミに出す
  • 不用品回収業者に依頼する

バッグの処分方法は基本的にこの6つ。

それぞれ解説していきます。

リサイクルショップに持ち込む

不要になったバッグやカバンを処分する方法の一つとして、リサイクルショップにもちこみ、売却する方法です。

値段がつかなかったものは持ち帰る必要があるので注意しましょう。

オークションやフリマアプリに出品する

ヤフーオークションやメルカリといったサイトに出品する方法です。

リサイクルショップと違い、自分で値段を設定できるのがいいですね。

細かいバッグはまとめ売りをすると結構売れることがあります。

出品するのにちょっとした登録や紹介文などが必要で、買い手が決まったら梱包や発送などの手間がかかります。

買い手とのやり取りがかなり面倒で、トラブルが生じたりもするので注意しましょう。

専門の買取業者を利用する

処分方法として一番おすすめなのが専門の買取業者を利用する方法です。

専属の鑑定士が査定してくれるので、適正な料金で買い取ってくれます。

リサイクルショップやオークションで安く買い叩かれてしまうものも、買取専門店では適正な価格でキチンと査定してくれます。

査定や売却の手間が殆どかからなかったり、現金化も楽です。

後ほど紹介しますが、バッグ査定の窓口というサイトで一括査定をしてみましょう。

売れるかわからないものも無料で査定をしてくれるので、気軽に問い合わせてることをおすすめします。

他人に譲る・寄付する

友達や家族に譲る方法もいいですね。

知らない人に売ったり、貰い物だから捨てるのにためらうといった場合は譲っちゃいましょう。

また、国際支援法人等では不要になったバッグやカバンの寄付を募集しています。

海外の発展途上国に支援して古くなったけどまだ使える物を再利用してもらいましょう。

国際社会支援推進会 ワールドギフト

分別して自治体のゴミに出す

素材ごとに燃えるゴミや不燃ゴミとして捨てる方法です。

スーツケースなど大きいものに関しては粗大ゴミになるので、各自治体に確認しましょう。

不用品回収業者に依頼する

手間をかけずに大量のバッグやカバンを捨てるなら不用品回収業者に依頼すると楽です。

分別がめんどくさかったり、バッグやカバン以外のものもまとめて処分してしまいたいときは依頼してみましょう。

急な引っ越しで処分に困ったときでも、不用品回収業者は即日対応してくれたりする心強い味方です。

その分不用品回収の費用が発生するので、不用品の回収費用や日程をよく確認しましょう。

別の記事にて不用品回収業者に依頼する際の注意点などを紹介していますので参考にしてみてください。

おすすめは買取専門店での売却!

バッグやカバンはボロボロな状態でもない限り、売却処分しましょう。

ブランドや形状によって売却先が変わってくるので、それぞれ紹介します。

ブランド物のバッグ

HERMESヴィトンのようなハイブランドのバッグは買い取り専門店でしっかり査定してもらい売却しましょう。

専属の鑑定士が所属していることが多いので、納得のいく査定をしてもらえます。

店舗によって基準や買取強化キャンペーンをやっていたりするので、複数の店舗に査定してもらうことをおすすめします。

スーツケース

メルカリやオークションサイトで売却しましょう。

TUMIリモワゼロハリバートン等の人気ブランドであれば、破損やへこみがあっても高額で売れます。

ブランド物のバッグやカバンも、専門の業者で査定してもらった金額に納得いかなかった場合はメルカリなどを利用してみるのもいいですね。

ファストブランドのリュックやバッグ

他の方法で売れなかったものはリサイクルショップに持って行きましょう。

買取りの幅が広いので、持ち込んでみるといいでしょう。

高額買取りは正直なところ期待できませんが、費用をかけずに処分できるので検討してみてください。

バッグやカバンを少しでも高く売るコツ

買取査定に出すシーズンを合わせる

メルカリやヤフオクでもそうですが、季節によって売れやすい物とそうでないものがあります。

夏物は5~6月に、冬物はちょっと寒くなり始めた時期に出すなどタイミングを見るといいですね。

いらないと感じたらすぐに売りに出す

バッグやカバンは次々と新作が出てくるため、古いデザインの物はどんどん査定が下がっていきます。

売却が早ければ早いほど高額で売れる割合が高くなります。

汚れや匂いなどを取り除き、なるべく新品の状態で売る

買取りに出すバッグやカバンが汚れていたり、香水などの匂いがついていると査定でマイナスになってしまいます。

ホコリやサビなどの汚れがついていたり、タバコや押し入れ・クローゼットの匂いが付着していたら、一度きれいにしてから査定に出しましょう。

購入した際についている付属品も一緒にしておく

購入時にバッグやカバンを包んでいた袋や箱、付属していたストラップや品質保証のカードなどがきちんと残っていると高額で買取りしてくれます。

高価なブランド品になると、そういった付属品がないと適正な値段で買い取ってくれない可能性もあります。

できる限り付属品も一緒に添えて査定及び売却をしましょう。

一括査定で相場を知ろう!

自分の持っているバッグやカバンが一体いくらで売れるのかを調べてみましょう。

適当にリサイクルショップや買取業者に出すと適正な価格で買い取ってくれず、安く買い叩かれてしまうことが多くあります。

また、店舗によって買取り強化しているブランドがあったり、取り扱っている商品が異なります。

メルカリやオークションに自分が売りたいものと同じものを探し、相場の調査をするのもいいですが結構手間です。

買取業者もたくさんあってどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そんな時はバッグやカバンを一括で査定してくれるサイトで一遍に見積もってもらうのが手っ取り早いです。

バッグ査定の窓口で一括査定

バッグやカバンの一括査定・買取をしている業者は年々増え続けています。

宅配や出張見積もりをしてくれるところもありますが、正直ちょっとめんどくさいんですよね。

何度も電話やメールでやり取りしなければならなかったり、見積りで知らない人が家に来るのも少し抵抗があります。

「査定にそこまで手間かけるのもなぁ…」

という方にお勧めなのがバッグ査定の窓口です。

たくさんある買取業者の中から最大8社まで一括見積ができて、高額買取りしてくれるところを探してくれます!

一括査定の申し込み方法

サイトのフォーラムにカバンのブランドや状態・メールアドレスなどの情報を入力し、写真を添付して申し込むだけで手続きは終了。

1分もかかりません!

後はメールが来るのを待つだけです。

わずらわしい電話や、営業などが来ないので気軽に見積りを取れるのがいいですね。

他の一括査定サイトは直接電話が掛かってきたりすることも多いので、電話が嫌という方にもおすすめです。

お断り連絡代行サービス

査定額に納得いかなかったり、やっぱり売るのはやめようとなった場合はバッグ査定の窓口が代わりにお断り連絡をしてくれます。

手数料も最初から最後まで全て無料なので、一度気軽に問い合わせてみましょう。

バッグやカバンを処分するタイミングはいつ?

溜まりがちなバッグやカバンの処分時期処分する基準を紹介します。

使い古してボロボロになっている

長い間頻繁に使用していて、革がめくれていたり、シミがたくさん付いたカバンは処分の時期かもしれません。

お気に入りのカバンであれば修理して長く使うのもアリですが、メンテや修理を手間に感じるのであれば思い切って処分してしまいましょう。

趣味が合わない

プレゼントなど、貰い物のカバンが自分に合わない場合も処分対象ですね。

「いつか使うかも…」と残しておいても、気づいたらクローゼットに積み重なって邪魔になってるなんてことも。

全然使っていない

スーツケースなどに多く一度使って以来、押し入れでずっと眠っている状態のものです。

大きくてかなりスペースを取るので処分しちゃいましょう。

まとめ

今回は使わなくなったバッグやカバンの処分方法についてまとめました。

捨てるには何かと手間や費用がかかるので、是非売却を検討してみてください。

使わなくなったものでも、寄付することでまた誰かが使ってくれます。

不用品回収業者に処分を依頼する場合でもキチンと相見積もりを取ることが大事です。

売却では少しでも高く、処分なら少しでも安く。

なるべく手間をかけずお得に処分できるといいですね。

たくさんの処分方法からあなたにぴったりの方法が見つかると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる