【無料でできる】電子レンジを安全でお得に処分する方法7選!

引っ越しや新しい商品との買い替えで不要になった電子レンジの処分はどうしていますか?

電子レンジは小型家電リサイクル法で環境省に指定されている家電の一つで、処分の際にはリサイクルが推奨されています。

この記事では、そういった電子レンジを安全でお得に処分する方法について紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

電子レンジの処分方法

電子レンジの処分方法はこちらの7つ。

要チェックPOINT!!

  • 自治体に回収してもらう
  • 家電量販店で処分する
  • 家電の買取・回収業者に依頼する
  • リサイクルショップに持ち込んで売却する
  • オークションやフリマアプリで出品する
  • 他人に譲る
  • 不用品回収業者に依頼する

それぞれ紹介していきましょう。

自治体に回収してもらう

自治体によって不燃ゴミとして出せる地域と粗大ゴミとして捨てなければならないところがありますので確認しましょう。

粗大ゴミとして出す場合は、自分の住んでいる市区町村のホームページから自治体で指定されている業者へ連絡し、予約を取ります。

郵便局で家電リサイクル券を購入し、処分する対象家電とリサイクル券を指定された引取場所へ運びましょう。

自治体によっては直接回収してくれるところもありますね。

リサイクル券は郵便局コンビニで購入することができます。

予約が殺到してて処分まで時間がかかることが多いので、自治体に依頼するときはあらかじめ時間に余裕をもって対応しましょう。

家電量販店で処分する

ヤマダ電機ケーズデンキといった家電量販店に持って行き処分する方法です。

電子レンジは小型家電リサイクル法により、各家電量販店での回収・リサイクルを推奨されています。

各電気屋さんによって回収料金が違いますのでよく確認してから持って行きましょう。

ヤマダ電機に関しては店舗で買取りも行っているので、近くにヤマダ電機がある場合は持って行きましょう。

ヤマダ電機に持ち込むのが一番コストがかからずに安心して処分できるので、電子レンジの処分方法としては一番おすすめです。

処分料金やヤマダ電機のことを後述していますので、参考にしてみてください。

家電の買取業者に依頼する

近頃増えてきている家電の買取を行っている業者へ問い合わせて買い取ってもらう方法です。

自宅まで取りに来てもらい、その場で査定して買い取ってもらうといった流れになります。

自分で運び出す必要もなく、電子レンジの状態が良ければいい値段で買い取ってくれることもあります。

業者によって査定額に差が出るので、少しでも高く売りたい場合は複数の業者に見積りしてもらうといいですね。

近所のリサイクルショップに持ち込んで売却する

リサイクルショップでは、不要になった電子レンジの年式や状態を見て買取りをしてくれます。

値段がつかなかったものに関しては持ち帰らなくてはならない場合があるので注意しましょう。。

リサイクルショップや買取業者に買い取ってもらう場合は、リサイクル料金や手数料などが発生しないので検討してみるのをお勧めします。

車に乗らない・自分で運び出せないなどの理由で、持ち込みが難しい場合は出張買取をしてくれるところがあるので、お店のホームページなどでよく確認しましょう。

オークションやフリマアアプリで出品する

同じく無料で処分できて、なおかつ利益を得る方法です。

ヤフオクやメルカリといったサイトで販売します。

出品するのにちょっとした登録や紹介文などが必要で、買い手が決まったら梱包や発送などの手間がかかるのですが、自分で料金を設定できるのが利点ですね。

買い手とのやり取りでトラブルが生じたりもするので注意しましょう。

他人に譲る

親戚や友人に譲る方法です。

電子レンジが欲しいという人がいれば特に手続きなども必要なく、運び出すだけですね。

また、ジモティーでほしい人を探してみるのもいいかもしれません。

写真を載せて希望者がいれば近くまで取りに来てくれたりもします。

不用品回収業者に依頼する

電子レンジの処分で一番楽な方法が不用品回収業者に依頼する方法です。

このブログでは何度も紹介している方法なのですが、運び出しから積み込み作業・処分まで全部やってくれます。

急な引っ越しで処分が必要になって困ったときでも、不用品回収業者は即日対応してくれたりする心強い味方です。

その分不用品回収の費用が発生するので、不用品の回収費用や日程をよく確認しましょう。

電子レンジの処分費用比較

スクロールできます
処分方法料金
不燃ゴミ0円
粗大ゴミ300円~400円
ヤマダ電機1,000円 ※買取可能であれば10円~2,000円
ケーズデンキ2,000円ほど
エディオン500円ほど
不用品回収業者500円~3,000円
不用品回収業者6社のおおよその相場

主な処分費の比較になります。

持ち込む家電量販店によって処分料金が違うので、最寄りの店舗で確認しましょう。

ヤマダ電機で電子レンジを買い取ってもらうには

先ほどおすすめしたヤマダ電機では、いらなくなった電子レンジを買い取ってくれます。

まだ使用できる電子レンジであれば、最大2,000円で買取をしてくれるので、検討してみてください。

電子レンジの買取条件

2021年5月現在、ヤマダ電機での買取対象となる電子レンジの条件はこちらです。

  • 現在使用できるもの
  • 製造年式が2014年~2021年製のもの

以下のものは買取NGとなりますので注意しましょう。

  • 本体に破損・変色・色褪せ・サビがあるもの
  • 電源コードやそれに準ずる付属品がない製品

買取りの際に必要なもの

運転免許証・健康保険証・健康保険被保険者証などの身分証明書が必要になります。

また、未成年は保護者同伴である必要があります。

買い取られた電子レンジについて

ヤマダ電機で買い取った電子レンジは自社の工場へ運搬し、リサイクルされます。

悪質な業者のように不法投棄や無許可回収などの心配がないので、安心ですね。

参照:ヤマダ電機の家電買取キャンペーン

電子レンジの買取・回収業者を探す

ネットで探すと、電子レンジの買取や回収してくれる店舗や業者がたくさんあってどれを選べばいいか悩んでしまいますね。

私がたまに使う、買取・回収してくれる業者を紹介します。

入力フォームから無料で簡単に一括査定や問い合わせができるので、一度試しに査定してはいかがでしょうか。

おいくら

おいくらの特徴
  • 15点まで一括査定が可能!
  • 買取実績がはっきりしている
  • リサイクルショップや専門店など様々な店舗で比較できる
買取不可商品カテゴリー外のもの
宅配回収・買取
出張買取
LINE査定×
査定後キャンセルの可否
手数料無料

おいくらは不要になった様々なものを無料で一括査定してくれるサイトです。

電子レンジだけでなく、家具や他の家電、パソコン、洋服に楽器や自転車等様々なものを買い取ってくれる業者を探し、一度に査定してくれます。

専門店の登録が多いため、普通はなかなか売却ができない品物を買い取ってくれるお店が見つけられます。

手順も簡単で、不用品の写真や年式などの情報を入力して査定スタートです。

サイトには写真付きの買い取り実績口コミなども掲載しており、実際の雰囲気もわかりやすく載っています。

買取り査定で値段がつかないものに関しては、処分する場合の費用も教えてくれます。

電子レンジに限らず、使わなくなった不用品があれば何でも気軽に査定してみましょう!

出張買取対応もしてくれるので、家に居たまま処分ができます。

不用品回収業者に依頼する前に、一度ためしに査定してみることをお勧めします。

不用品回収業者の選び方

他の方法で処分できそうになかったり、電子レンジ以外にも不用品がある場合は不用品回収業者に依頼しましょう。

不用品回収業者の選び方や注意点などを簡単にまとめます。

不用品の量に応じて依頼する業者を選ぶ

処分したい不用品が少量の場合、積み放題などをやっている業者に依頼すると出張費などで高くついてしまう場合があります。

ちょっとしたコツとして、不用品が少量の場合は個人事業主へ、電子レンジ以外にも大きな不用品がいくつかある場合は大手の不用品回収業者に依頼すると費用が安く済んだりします。

時間の融通が利くところを探す

処分を急いでたり、他にも不用品が大量にある場合はなるべく早く来てくれる業者に依頼しましょう。

料金システムなどがしっかりしているところを選ぶ

料金や日程に加え、電子レンジの回収をしてくれるところを探しトラブルが起きないよう注意しましょう。

別記事にて不用品業者を選ぶ際のコツや注意点などを詳しく紹介していますのでご参照ください。

不用品回収業者を探す

くらしのマーケットで探す

少量の不用品回収を依頼したい場合はくらしのマーケットで個人事業主を探すのがお勧めです。

くらしのマーケットに登録している業者のほとんどが個人事業主なので比較的簡単に見つけられます。

ここが良いなと思った業者を2~3選び、見積りしてもらいましょう。

別記事にて、くらしのマーケットに登録されてる業者の中から信頼できる不用品回収業者を見つける方法についてまとめていますので良ければ参考にしてみてください。

エコノバで一括見積する

エコノバは複数の業者に不用品回収でかかる費用を一括見積りしてくれるサイトです。

自分でいくつも業者を探して相見積りを取るのが面倒だったり、電子レンジ以外にも大量に不用品を処分したい場合は問い合わせてみましょう。

日本全国どこでも対応してくれます。

自分で複数の業者と何度も連絡を取り合って見積りを取る手間が省けて、エコノバの規定水準をクリアした不用品回収業者を探してくれます。

不用品回収の業界で知名度のある業者複数に見積りを出してもらえるので安心です。

まとめ

電子レンジの処分方法についてまとめました。

粗大ゴミとして捨てがちの電子レンジですが、実は無料で処分できる方法がいくつかありますね。

小型家電とはいえ、そこそこ重量があるものも多いです。

自分でリサイクルショップやお店に持って行くのが大変な場合は出張買取サービスを利用して不要な家電を処分しましょう。

この記事を読んでくれた方にぴったりの処分方法が見つかればうれしいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる