使っていない食器やグラスの処分方法5選!買取で賢く断捨離しよう!

引き出物や商品の特典などでもらった食器やグラスなど、いつの間にか食器棚にあふれかえっていたりしませんか?

不意に割ってしまったり欠けたりしない限り、なかなか処分する機会ってありませんよね。

また、近頃頻繁に起きている地震により食器が落下して思わぬケガをしてしまうといったケースが多くあります。

今回はそんなトラブルが起きないように、たまりすぎた食器やグラスの処分方法について順を追って紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

食器の種類

まずは不要になった食器を処分する際に、種類によって簡単に仕分けをしましょう。

ブランド物

最初にブランド物や、かわいい物を分けておきます。

箱に入ったままの食器やグラスは高額で売却できるものもあります。

引き出物で頂いたものなども未開封であれば一旦よけておきましょう。

陶磁器・ガラス製

陶磁器やガラス製の食器やグラスは不燃ごみとして扱われます。

金属製

金属製の食器やナイフ・フォークなども不燃ごみになります。

自治体によっては包丁などと一緒で「金属ゴミ」の分類になるところもありますので陶器類とは別に仕分けておきましょう。

木製

木製の食器やお箸などはそのまま燃えるゴミになります。

大きいものに関しては粗大ゴミになるのでサイズに注意しておきましょう。

プラスチック製

こちらも自治体によって燃えるゴミに分類されていたり、不燃ゴミ・プラスチックゴミであったりと様々です。

先に仕分けておくと後々処分する際に楽になります。

食器の処分方法5選

要チェックPOINT!!

  • オークションやフリマアプリで売る
  • リサイクルショップや買取業者を利用する
  • 他人に譲る
  • 自治体に回収してもらう
  • 不用品回収業者に依頼する

処分方法はこの5つになります。

それぞれ紹介していきましょう。

オークションやフリマアプリで売る

ブランド物や、かわいい食器はヤフオクやメルカリなどに出品してみましょう。

物によっては意外と高額で売れたりしますので時間に余裕があれば検討してみてください。

出品するのにちょっとした登録や紹介文などが必要で、買い手が決まったら梱包や発送などの手間がかかりますが、自分で料金を設定できるのがいいですね。

買い手とのやり取りでトラブルが生じることもあるので注意しましょう。

リサイクルショップや買取業者を利用する

近所のリサイクルショップや、買取業者に買い取ってもらう方法です。

リサイクルショップには段ボールなどに詰めて割れないようにして持ち込みましょう。

注意点としては、少しでも傷がついていたりして値段がつかなかった場合持ち帰らなくてはなりません。

取り扱いブランドなど、事前にホームページなどで確認しておきましょう。

買取業者に関しては出張見積り宅配査定などで対応しているところが多く、自宅に居たまま処分ができます。

ブランドがわからないものや、いらない食器がたくさんある場合は一度出張見積りを依頼してみましょう。

食器の出張買取をしてくれる業者を一つ紹介します。

アパレルや食器、家電など幅広い買取【ティファナ】

ティファナの特徴
  • ヒルナンデスなどのメディアで多数紹介されている!
  • ノーブランドでも買取可能
  • 当日その場で現金支払い可能
取り扱いブランド取り扱い品目業界最多

買取不可商品
コピー品・偽造品
汚れ・劣化・傷・臭いが著しいもの、破損品
取り扱い対象外のもの
宅配買取
出張見積り〇 ※関東近辺のみ対応
LINE査定×
査定後キャンセルの可否
手数料返送時のみ着払い料金が発生

ティファナは食器だけでなく、ノーブランドの洋服など他では断られる様々なものも買い取ってくれるリサイクルショップです。

取り扱いアイテムは、食器やアパレル、香水・化粧品、家具、家電、古道具、雑貨などなど幅広い商品を取り扱っております。

出張査定も対応エリアであれば最短60分で来てくれるので、食器や衣服など大量にある場合はお勧めです。

「こんなのも買い取ってくれるのかな?」といったよくわからない品も無料で査定してくれるので、まずは気軽に問い合わせてみましょう!

他人に譲る

友人や知り合いに呼び掛けて、ほしい人に譲るのもいいですね。

気軽にやり取りもできて特にトラブルが起きることもないので安心して処分できます。

また、災害地や海外の支援団体に寄付するのもいいでしょう。

物資の供給状況によって受け付けているものが変わったりするのでNGOやNPO団体のホームページに問い合わせて、受け付けているか確認してみましょう。

ジモティーでほしい人を募るのもいいですね。

物によっては買い取ってくれるかもしれません。

自治体に回収してもらう

割れてしまったり、傷などが酷かったりするものは自治体にゴミとして出しましょう。

先ほど仕分けしたものをまとめて、それぞれ自治体に指定された方法で捨てます。

一度に大量に捨てると、産廃ゴミとみなされて回収してくれない場合があります。

不要な食器が大量にある場合は何回かに分けて出すか、不用品回収業者を依頼しましょう。

不用品回収業者に依頼する

食器の処分で一番楽な方法が不用品回収業者に依頼する方法です。

このブログでは何度も紹介している方法なのですが、運び出しから積み込み作業・処分まで全部やってくれます。

急な引っ越しで処分が必要になって困ったときや、食器が大量にあって持ち運ぶのが大変なときも不用品回収業者は即日対応してくれたりする心強い味方です。

食器以外にも不用品がある場合は依頼してみるのをお勧めします。

その分不用品回収の費用が発生するので、不用品の回収費用や日程をよく確認しましょう。

不用品回収業者の選び方

不用品の量に応じて依頼する業者を選ぶ

処分したい不用品が少量の場合、積み放題などをやっている業者に依頼すると出張費などで高くついてしまう場合があります。

ちょっとしたコツとして処分したい不用品が少量の場合は個人事業主に、食器類以外にも大きな不用品がある場合は大手の不用品回収業者に依頼すると比較的費用を抑えられることがあります。

時間の融通が利くところを探す

処分を急いでたり、他にも不用品が大量にある場合はなるべく早く来てくれる不用品回収の業者に依頼しましょう。

料金システムなどしっかりしているところを選ぶ

料金や日程に加え、食器の回収をしてくれるところを探しトラブルが起きないよう注意しましょう。

別記事にて不用品業者を選ぶ際のコツや注意点などを詳しく紹介していますのでご参照ください。

不用品回収の業者を探す

くらしのマーケットで個人事業主を探す

少量の不用品回収を依頼したい場合はくらしのマーケットでお住まいの近くの個人事業主を探すのがお勧めです。

くらしのマーケットに登録している業者のほとんどが個人事業主なので比較的簡単に見つけられます。

ここが良さそうかなと思った業者を2~3選んで見積りしてもらいましょう。

別記事にてくらしのマーケットに登録されてる業者の中から、信頼できる不用品回収業者を見つける方法についてまとめていますので良ければ参考にしてみてください。

エコノバ

エコノバはいらなくなった不用品を複数の業者で一括見積りしてくれるサイトです。

自分でいくつも相見積りを取るのが面倒だったり、不用品回収業者とのやり取りが嫌な方や食器以外にも大量に不用品を処分したい場合は問い合わせてみましょう。

日本全国どこでも対応してくれます。

自分で複数の業者と何度も連絡を取り合って見積りを取る手間が省けて、エコノバの規定水準をクリアした不用品回収業者を探してくれます。

不用品回収の業界で知名度のある業者複数に見積りを出してもらえるので安心です。

まとめ

今回はなかなか処分するタイミングがない食器類について紹介してきました。

棚の上や奥にしまったまま使われていない食器類は時間のある時に処分しちゃいましょう。

作業中に手を滑らせて、割れた食器でケガしないように気を付けてくださいね。

段ボールに詰めすぎても重たくて持ち運べなくなったりしますので、様子を見ながら作業しましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる