ウッドカーペットを処分する方法5選!簡単に捨てる意外な手段とは?

家の床を傷や汚れから守るために多く使用されているウッドカーペット。

ニトリやカインズといった店舗で気軽に買えますね。

模様替えで和室を洋室風に切り替えるためにもとても便利です。

子供が大きくなって不要になったり、引っ越しの際にウッドカーペットの処分を考える人も多いでしょう。

  • ゴミで出せるの?
  • ウッドカーペットの処分費用っていくら?
  • すっごい重たいんだけどどうしたら…

そんなお悩みをサクッと解決しちゃいましょう!

この記事ではウッドカーペットの捨て方や注意点について詳しく解説していきます。

様々な処分方法の中から、あなたにぴったりの方法が見つかればうれしいです。

この記事で分かること
  • ウッドカーペットの処分方法
  • ウッドカーペットの処分費用
  • 自分で捨てるリスクと注意点
  • 信頼できる不用品回収業者の選び方
  • 不用品回収業者に依頼する前にしておくこと
スポンサーリンク
目次

ウッドカーペットを処分する5つの方法

ウッドカーペットの処分方法
  • ゴミとして自治体に回収してもらう
  • 自治体のゴミ処理施設に持ち込む
  • リサイクルショップで買取りしてもらう
  • 他人に譲る
  • 不用品回収業者に依頼する

こちらの主な処分方法についてそれぞれ紹介します。

ゴミとして自治体に回収してもらう 

燃えるゴミ・粗大ゴミとして自治体で処分する方法です。

燃えるゴミとして捨てる場合は、袋に入るサイズまで小さく切断する必要があります。

粗大ゴミはコンビニや郵便局で粗大ゴミ処理券を購入して、予約を取って回収してもらいましょう。

自分で処分する際の注意点や、切断して小さくする方法について後述していますので、ぜひ参考にしてみてください。

自治体のゴミ処理施設に持ち込む

自治体の回収が待てなかったり、切断するのが難しい場合は自分でゴミ処理施設に持ち込む方法があります。

ウッドカーペットは2畳のものでも、長くて重たいので車に積み込むのが大変かもしれません。

引っ越しなどで急に処分が必要になった場合など検討してみましょう。

リサイクルショップで買取りしてもらう

傷や汚れが少ない場合は売却もいいですね。

費用がかからずにできる処分方法になります。

近所のリサイクルショップに持ち込んで査定してもらいます。

買値がつかなかった場合は持って帰らなければならない場合があるので、注意しましょう。

他人に譲る

家族や知人に欲しい人がいないか聞いてみましょう。

試しに使用してみたいという人がいるかもしれません。

ジモティーで欲しい人を募るのもいいですね。

不用品回収業者に依頼する

ウッドカーペットの処分方法で一番おすすめは不用品回収業者に依頼する方法です。

重たいウッドカーペットの運び出しから積み込み作業・処分まで全部やってくれます。

ウッドカーペットの取り外しが必要だったり、カビが生えていても問題なし。

不用品回収業者は即日対応してくれたりする心強い味方です。

その分不用品回収の費用が発生するので、不用品の回収費用や日程をよく確認しましょう。

ウッドカーペットは重量があるため別料金が発生しやすいものになっており、通常の処分料金に加え割高になる場合もあります。

トラブルが起きないように、出張費や作業費なども含めてキチンと確認しておきましょう。

ウッドカーペットの処分費用

ウッドカーペット

ウッドカーペットは粗大ゴミに出せれば1,000円前後で処分できますが、自分で予約して指定された場所まで運び出す必要があります。

ゴミ処理施設に持ち込む場合も同じですね。

不用品回収業者に依頼する場合はすべて作業を行ってくれる代わりに、サイズによって5,000円~10,000円ほどの費用がかかります。

ウッドカーペット以外にも不用品がある場合は、不用品回収業者に任せた方が安全で簡単に処分できます。

ウッドカーペットを捨てるタイミング

ウッドカーペット

ウッドカーペットは主に床の保護や防音のために使用されていることが多いです。

引っ越しや模様替えのタイミングで、不要になった家具と一緒に処分する感じですね。

子供が大きくなり、床を傷つける心配が少なくなってきたら捨て時ですね。

ウッドカーペットは重たいため、ひっくり返すのが大変です。

和室で使用している場合はカビが生えやすく、定期的にメンテが必要です。

ウッドカーペットを捨てる際の注意点

ウッドカーペット

ウッドカーペットを捨てる際の注意点についていくつか紹介します。

重さ

ウッドカーペットは重たい家具や家電が乗っても大丈夫なように頑丈に作られています。

そのため、かなりの重量がありますよね。

捨てる際には一人で作業すると思わぬケガにつながることがあるので気を付ける必要があります。

継ぎ目からカッターで切断して、軽くしてから複数回に分けて搬出すると安全に作業ができます。

ウッドカーペットの運び方

ウッドカーペットを運ぶ際に、絨毯と同じようにくるくるとロール状にして運び出しますよね。

実は、フローリング状になっているウッドカーペットはロール状にして搬出すると高確率で腕の肉をかじられます!

ロール状にしたフローリングマットを腕で抱えて運ぶ際、板と板の継ぎ目に腕の皮が挟まれてとっても痛いです。

歩いてる振動で継ぎ目に隙間が生じてしまうんですね。

ダメージは洗濯ばさみで挟まれた時の比ではありませんので、運び出す際には抱える部分をタオルで覆ったり、長袖を着るなど、しっかりと対策を取りましょう。

ナイフやノコギリがあれば、継ぎ目に沿って切断してある程度小さくしておくと比較的運びやすかったりします。

燃えるゴミとして捨てるには

袋に入るサイズまでのこぎりで切断して小さくする必要があります。

DIYやリフォームで電動ノコギリやチェーンソーを使用している方にはいおすすめです。

普通のノコギリでの切断も可能ではありますが、かなり大変かもしれませんね。

大きなフローリングマットがある場合は、電動ノコギリを買って自分で処分したほうが安く済むかもしれません。

ノコギリは何を使っても問題ありませんが、できれば電動のものを使って楽に作業したいですね。

おすすめは下記のタイプです。

こんな感じの電動ノコギリがあれば、ベッドやソファ・本棚といった家具も自治体にゴミとして、無料で簡単に出せるようになるので、1本持っておくと何かと便利です。

不用品回収業者の選び方

ウッドカーペット

不用品回収業者の選び方や注意点などを簡単にまとめます。

不用品の量に応じて依頼する業者を選ぶ

処分したい不用品が少量の場合、積み放題をやっている業者に依頼すると出張費などで高くついてしまう場合があります。

ちょっとしたコツとして、不用品が少量の場合は個人事業主へ、フローリングマット以外にも大きな不用品がいくつかある場合は大手の不用品回収業者に依頼すると費用が安く済んだりします。

時間の融通が利くところを探す

処分を急いでたり、他にも不用品が大量にある場合はなるべく早く来てくれる業者に依頼しましょう。

料金システムなどがしっかりしているところを選ぶ

料金や日程に加え、畳の回収をしてくれるところを探しトラブルが起きないよう注意しましょう。

作業料や出張費・人件費などが、しっかりと明記されている業者を選ぶ必要があります。

別記事にて不用品業者を選ぶ際のコツや注意点などを詳しく紹介していますのでご参照ください。

信頼できる不用品回収業者を探す

ウッドカーペット

相見積もりを取り納得のいく業者を探す

不用品回収業者に処分を依頼する前に、しっかりと相見積もりを取りましょう。

複数の業者に見積もりを依頼して、処分費用だけでなくスタッフの対応や言葉遣いなどを比較することが大事です。

くらしのマーケットで探す

少量の不用品回収を依頼したい場合はで個人事業主を探すのがお勧めです。

くらしのマーケットに登録している業者のほとんどが個人事業主なので比較的簡単に見つけられます。

ここが良いなと思った業者を2~3選び、見積りしてもらいましょう。

別記事にて、くらしのマーケットに登録されてる業者の中から信頼できる不用品回収業者を見つける方法についてまとめていますので良ければ参考にしてみてください。

エコノバで一括見積する

は複数の業者に不用品回収でかかる費用を一括見積りしてくれるサイトです。

自分でいくつも業者を探して相見積りを取るのが面倒だったり、フローリングマット以外にも大量に不用品を処分したい場合は問い合わせてみましょう。

日本全国どこでも対応してくれます。

自分で複数の業者と何度も連絡を取り合って見積りを取る手間が省けて、エコノバの規定水準をクリアした不用品回収業者を探してくれます。

不用品回収の業界で知名度のある業者複数に見積りを出してもらえるので安心です。

まとめ

重たいフローリングマットの処分方法について紹介してきました。

フローリングマットの上にはチェスト等の家具が置いてありますよね。

処分の際には先ず上に載っている家具を移動させる必要があるので、一人でやるにはかなりの力仕事になってしまいます。

不用品回収業者に依頼すれば、家具の移動や補助もしてくれるため、フローリングマットの処分には一番おすすめしています。

もちろん、時間があればそれ以外の方法で処分してみてもいいでしょう。

あなたに合った処分方法で安全にお片付けをしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる