【これで完璧!】いまさら聞けない冷蔵庫の簡単な処分方法7選!

引っ越しや買い替えなどで処分に困るものナンバー1の冷蔵庫。

リサイクル家電の1つである冷蔵庫は、自治体で回収してくれないところもあります。

今回は「そういえば捨て方知らないな?」という人から「それくらい知ってるよ!!」という方にまで、いま一度読んでもらいたい冷蔵庫の捨て方についてまとめました!

スポンサーリンク
目次

冷蔵庫の処分方法

冷蔵庫は家電リサイクル法により定められた方法で適切に処分しないといけません。

そのために不要になった冷蔵庫を処分する方法が結構限られてしまうんですね。

それではさっそく冷蔵庫を捨てる方法をリストアップします。

要チェックPOINT!!

  • リサイクルショップに買取りをしてもらう
  • オークションやフリマサイトで売る
  • 他人に譲る
  • 買い替え時に引き取ってもらう
  • 近くの電気屋さんに引き取ってもらう
  • 自治体の指定した場所へ持ち込む
  • 不用品回収業者に依頼する

以上の7つになります。

家電リサイクル法について

処分方法を詳しく紹介する前に、家電リサイクル法について簡単にご説明します。

家電リサイクル法とは一般家庭でいらなくなったテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機を捨てる場合、販売業者や製造業者などに処分を依頼し、引き取ってもらうことで再利用するように義務付けられています。

各業者に処分を依頼するにはリサイクル料金を支払う必要があります。

回収した業者はそれぞれ適切な手順を取って処理しないと違法になってしまうんですね。

主に排出される資源ごみはこういった電化製品がほとんどで、粗大ごみ処理施設での処理がとても大変なのです。

リサイクルすることにより環境にも配慮した結果、作られた法律が家電リサイクル法ということですね。

無料で処分する方法

リサイクルショップに買取りをしてもらう

近所のリサイクルショップに自分で持ち込んで、買い取ってもらう方法です。

リサイクルショップでは、不要になった冷蔵庫の年式や状態を見て買取りをしています。

古いものは値段がつかず、持ち帰らなくてはならない場合があります。

リサイクルショップや買取業者に買い取ってもらう場合は、リサイクル料金や手数料などが発生しないので検討してみるのをお勧めします。

持ち込みが難しい場合は出張買取もしてくれるところがあるので、お店のホームページなどでよく確認しましょう。

売れるか不安な冷蔵庫でも、一度出張査定をしてもらうのもいいですね。

おいくら

私がたまに利用する不用品買取の一括査定サイトを紹介します。

【おいくら】は不要になった様々なものを無料で一括査定してくれるサイトです。

冷蔵庫だけでなく、家具や他の家電、パソコン、洋服に楽器や自転車等様々なものを買い取ってくれる業者を探してくれます。

専門店の登録が多いため、普通はなかなか売却ができない品物を買い取ってくれるお店が見つけられます。

手順も簡単で、不用品の写真や年式などの情報を入力して査定スタートです。

サイトには写真付きの買い取り実績や口コミなども掲載しており、実際の雰囲気もわかりやすく載っています。

買取で、値段がつかないものに関しては処分する場合の費用も教えてくれます。

冷蔵庫に限らず、使わなくなった不用品があれば何でも気軽に査定してみましょう!

出張買取対応もしてくれるので、家に居たまま処分ができます。

後ほど紹介する不用品回収業者に依頼する前に、一度簡単に査定してもらうことをお勧めします。

オークションやフリマサイトで売る

同じく無料で処分できて、なおかつ利益を得る方法です。

ヤフーオークションやメルカリといったサイトで販売します。

出品するのにちょっとした登録などが必要で、買い手が決まったら梱包や発送などの作業が必要になるのですが、自分で相場を見極めて時には高額で売れることもあります。

買い手とのやり取りでトラブルが生じたりもするので注意しましょう。

他人に譲る

親戚や友人に譲る方法です。

冷蔵庫が欲しいという人がいれば特に手続きなども必要なく、頑張って運び出すだけですね。

気の知れた知人であれば安心して取引ができますね。

また、ジモティーでほしい人を探してみるのもいいかもしれません。

サイトに写真を載せて、希望者がいれば近くまで取りに来てくれたりもします。

費用がかかる処分方法

自治体に回収してもらう

郵便局やコンビニで家電リサイクル券を購入し、処分する家電を指定された場所へ持ち込む方法です。

自分の住んでいる市区町村のホームページを確認し、自治体で指定されている業者へ連絡しましょう。

自治体によっては直接回収しに来てくれるところもあります。

また、収集運搬手数料が発生するところもあるので、よく確認しましょう。

年末や引っ越しシーズンは予約が殺到しており、処分まで時間がかかることが多いのでスケジュールに余裕をもって対応しましょう。

買い替え時に引き取ってもらう

新しい冷蔵庫を購入した店舗の引取りサービスを利用する方法です。

店舗ごとによって引き取ってくれる冷蔵庫の基準があるのでよく確認しましょう。

購入した冷蔵庫を配送してくれる時に古い冷蔵庫と入れ替えてくれます。

リサイクル料金や運搬手数料が発生します。

近くの電気屋さんに引き取ってもらう

冷蔵庫の処分だけをお願いしたいときでも近くの電気屋さんに引き取ってもらうことができます。

リサイクル家電を取り扱っている店舗は、家電のリサイクルの申し出を受けたら基本的に引き受けなくてはなりません。

依頼してから回収に来てくれるまで少し期間が必要な場合があるので、料金とともに確認しましょう。

不用品回収業者に依頼する

冷蔵庫の処分で一番楽な方法が不用品回収業者に依頼する方法です。

個人的に冷蔵庫の処分方法では一番お勧めです。

急な引っ越しで処分が必要になって困ったときも、不用品回収業者は即日対応してくれたりする心強い味方です。

その分不用品回収の費用が発生するので、日程やお財布とよく相談してから依頼しましょう。

冷蔵庫の処分費用相場

自治体と不用品回収の業者それぞれに依頼した際にかかる費用の相場です。

各自治体と不用品回収業者で冷蔵庫の判別基準が違ったりしているので、それぞれ分けてまとめています。

スクロールできます
冷蔵庫の種類各自治体不用品回収業者
170ℓ以下冷蔵庫3,000円~5,000円
171ℓ以上冷蔵庫4,000円~6,000円
単身用2ドア冷蔵庫7,000円~10,000円
3ドア冷蔵庫8,000円~12,000円
4~5ドア大型冷蔵庫10,000円~15,000円
その他各自治体不用品回収業者
収集運搬料0円~2,000円0円~3,000円
東京都の自治体及び大手不用品回収業者8社の平均相場

収集運搬料に関しては東京都内の業者の平均相場になっています。

各地域で指定された業者によって、手数料が異なるので参考程度にお考え下さい。

不用品回収業者の選び方

冷蔵庫の処分を不用品回収業者に依頼する際かかる費用は、1つ8,000円~15,000円あたりになるかと思われます。

積み放題プランしか選べない業者に依頼すると、相場よりも高くついてしまうことがあります。

冷蔵庫のようなものを1点だけ回収依頼をするのであれば、個人で回収を行っている業者へ依頼したほうが何
かと融通が利くのでおすすめですね。

逆に、冷蔵庫以外の不用品も一緒に回収してもらいたい場合は大手の不用品回収業者に依頼すると短時間で大量の不用品を処分することが可能です。

処分する不用品の量により依頼する業者を使い分けましょう。

別記事にて、不用品業者を選ぶ際のコツなどをまとめていますのでご参照ください。

不用品回収業者を探す

くらしのマーケット

冷蔵庫単品で処分したい場合はくらしのマーケットで個人事業主を探すのがおすすめです。

くらしのマーケットに登録している業者のほとんどが個人事業主のため、比較的簡単に見つけられます。

ここいいかも!と思った業者2~3社に見積もりしてもらいましょう。

別記事にて、くらしのマーケットに登録されているたくさんの業者の中から信頼できる不用品回収業者を見つける方法についてまとめていますので良ければ参考にしてみてください。

エコノバ

エコノバは不要になったものを複数の業者で一括見積りしてくれるサイトです。

自分でいくつも相見積りを取るのが面倒だったり、不用品回収業者との腹の探り合いが嫌な方や、冷蔵庫以外にも大量に不用品を処分したい場合は問い合わせてみましょう。

日本全国どこでも対応してくれます。

自分で複数の業者と何度も連絡を取り合って見積りを取る手間が省けて、エコノバの規定水準をクリアした不用品回収業者を探してくれます。

不用品回収の業界で知名度のある複数の不用品回収業者に見積りを出してもらえるので安心です。

まとめ

冷蔵庫は単身用からファミリータイプまで大きさが様々ですが、一貫してどれもとても重たいです。

私もかつてリサイクルショップに単身用の冷蔵庫を持ち込んだことがあるのですが、単身用の小さい冷蔵庫を運んだだけで1週間ほど筋肉痛になりました。

決して運動不足のせいではありません。

現場作業員時代、ファミリータイプの冷蔵庫もムキムキの同僚と回収作業を行いましたが真冬でも汗だくになるくらいの重量で、かなりのパワーが必要です。

費用を浮かすために無理して自分で運び体を痛めるよりも、料金を払って各業者に依頼したほうが無難だと思います。

この記事を読んでくれた方が、無理なく自分に合った処分方法を見つけられれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる