不用品回収を依頼する際に絶対にやってはいけない8つのこと!

巣ごもり需要でお家にいる時間が増えた昨今、家の片づけで不用品回収業者を依頼する人が増えています。

不用品回収業者も、ここ最近でかなり増えてきました。

片付けの需要に伴い、悪質業者による被害報告も増えてきている現状です。

トラブルに遭った人の相談を受けているうちに、被害に遭っている人にはいくつか共通点があることに気づきました。

被害に遭った人の共通点

  • 良い口コミだけを見て判断している
  • ランキングが1位だったからという理由で決める
  • 広告が出ていたから依頼する
  • 営業電話がかかってきたから依頼する
  • 相見積もりを取っていない
  • 見積り額が一番安かったという理由だけで決めた
  • 無許可の回収業者に依頼する
  • 期日を悟られる

トラブルにあった人はこの8つについて、きちんとした対応が取れていない場合がほとんどでした。

ぼったくり、搬出時の家屋事故、指定した日に来ないなど、トラブルは尽きません。

そんな悪質業者を回避すべく、絶対にやってはいけないことを紹介・解説していきます。

バッチリと対策を取り、トラブルを未然に防ぎましょう。

この記事では、被害者に共通していたマズイ状況を踏まえて、依頼する際に絶対に注意するべき点を紹介します。

スポンサーリンク
目次

依頼する際に絶対にやってはいけない8つのこと!

do-not

不用品回収を依頼する際に絶対にやってはいけない8つのことを解説していきます。

良い口コミだけを見て判断する

口コミが載っているサイトやgoogleマップでいい評価がされていたからと安易に依頼するのは危険です。

誰でも書き込める形式の口コミは、不用品回収業者のサクラが投稿していたり「☆5評価で口コミを書いてくれたら値引きします」などと言って、口コミを工作している場合が多いです。

また、悪い口コミが表示されているページを良い口コミで埋め尽くして流そうとしているところもあります。

良い口コミばっかりで悪い口コミがほとんどない業者はかなり怪しいですね。

口コミサイトやgoogleマップで見るべきところは、悪い口コミに対する業者側の対応です。

低評価の原因・状況・今後の方針などをしっかりと謝罪・提示されているような業者を選びましょう。

ランキングが1位だったからという理由で決める

よくある「おすすめ不用品回収業者ランキング‼」みたいなサイトで上位表示されているから安心といった考えは危険です。

ランキングで上位に紹介されている運営会社とランキングを掲載している運営会社が同じだったり、提携会社がランキングを作っていたりします。

サイトの運営者情報を確認してみるとモロバレなので結構面白いです。

簡単に信用してしまう人がかなりいるため、マーケティングとして結構効果的なんですよね。

広告が出ていたから依頼する

広告は優良企業だろうが悪徳業者だろうが、広告費さえ払えばよっぽどのことがない限り掲載されます。

単純に検索して一番上の広告だから、人気で安心できるといったことではないので気を付けましょう。

営業電話がかかってきたから依頼する

近頃増えてきている、不用品回収業者の営業電話にも気を付けましょう。

カタコトの日本語で話しかけてくる所はもう怪しすぎますね。

営業電話を掛けてくる業者は、見積りに来て高価な物を無理やり回収・買取りしてきます。

絶対に依頼しないようにしましょう。

高齢者などがよく引っかかっているので、ご家族に注意喚起しておきましょう。

相見積もりを取らない

何度も不用品回収業者を探して見積りしてもらうのがめんどくさいからと言って、最初に問い合わせた業者に即OKするのは絶対にやめましょう。

問い合わせが1社だけだと、提示された見積額は適切なのかわかりませんよね?

また、他社との対応を見比べておかないと当日になって雑な作業をされてしまうかもしれません。

料金に関しては神経質になるくらい確認しておくことで、無用なトラブルを回避することにつながります。

最低でも2~3社には相見積もりを取りましょう。

見積り額が一番安かったという理由だけで決める

相見積もりを取って、料金が一番安い所に依頼するのは自然な流れです。

しかし、それだけで依頼を決めるのは少し待ってください。

  • オペレーターの受付対応はどうでしたか?
  • 料金プランについてはっきりと説明されていますか?
  • 追加料金や支払い、当日の流れなどの説明もきっちりとされていますか?

ただ見積料金が安いからといて、他の確認事項や対応がふんわりしていると、当日やってくる作業員に情報が正確に伝わってなかったりすることがあります。

大事なことは値段だけではなく対応などを総合的に見て比較し、一番良かった業者を選ぶことです。

無許可の回収業者に依頼する

古物商や産廃などの許可をきちんと得ていない、違法業者には絶対に依頼しないでください。

不法投棄などで一番困るのは依頼主です。

環境庁の注意喚起も併せて確認しておきましょう。

期日を悟られる

引っ越しや退去がすぐ迫っているといった状況を悟られると、ぼったくって来ようとする業者は少なからずあります。

親身になって相談してくれる業者もたくさんありますが、無駄なリスクを増やさないためにも余裕をもって依頼するのがベストです。

トラブルを回避するためにできること

do-not

トラブルを回避するためにできることを簡単にまとめておきます。

  • 料金の確認
  • 相見積り
  • 問い合わせ・見積り時の対応比較
  • 運営会社の確認
  • 損害賠償保険の有無

最低限、この5つを確認しておけば酷いトラブルには巻き込まれないでしょう。

100%大丈夫と言い切れないのが不用品回収業者の闇ですね…

詳しい対策法は別の記事にて紹介しているので参考にしてみてください。

不用品回収業者の選び方

do-not

一人で運び出すのが大変だったり、急な引っ越しなどの場合は不用品回収業者に依頼しましょう。

無理な作業をすると思わぬケガをする恐れがあります。

ここでは不用品回収業者の選び方や注意点などを簡単にまとめます。

不用品の量に応じて依頼する業者を選ぶ

処分したい不用品が少量の場合、積み放題をやっている業者に依頼すると出張費などで高くついてしまう場合があります。

不用品が少量の場合は個人事業主へ、大きな不用品がたくさんある場合は大手の不用品回収業者に依頼すると余計な費用を抑えることができます。

時間の融通が利くところを探す

処分を急いでたり、他にも不用品が大量にある場合はなるべく早く来てくれる業者に依頼しましょう。

料金システムがはっきりしているところを選ぶ

料金や日程に加え、納得のいく回収をしてくれるところを探し、トラブルが起きないよう注意しましょう。

作業料や出張費・人件費などが、しっかりと明記されている業者を選びましょう。

複数の業者に相見積りを取る

業者によって不用品回収にかかる費用はまちまちです。

問い合わせの段階で荷物の詳細を伝えて、不用品回収にかかる料金を聞いておきましょう。

最低でも2~3社に必ず相見積りを取ってください。

実際に見てみないとわからないという業者があれば出張見積りに来てもらいましょう。

値段も出せず、出張見積りすらできないという業者ははっきり言って悪徳業者の確立が高いです。

別記事にて不用品業者を選ぶ際のコツや注意点などを詳しく紹介していますのでご参照ください。

信頼できる不用品回収業者を探す

do-not

くらしのマーケットで個人事業主を探す

少量の不用品回収を依頼したい場合はくで個人事業主や中小の業者を探すのがお勧めです。

単品の回収であれば大手の不用品回収業者に依頼するよりもくらしのマーケットで依頼したほうが安く済むことが多いです。

くらしのマーケットに登録している業者のほとんどが個人事業主なので比較的簡単に見つけられます。

口コミや料金を見て、良さそうだなと思った業者を2~3選び見積りしてもらいましょう。

別記事にてくらしのマーケットに登録されてる業者の中から、信頼できる不用品回収業者を見つける方法についてまとめていますので良ければ参考にしてみてください。

エコノバで一括見積する

はいらなくなった不用品を複数の業者で一括見積りしてくれるサイトです。

自分でいくつも相見積りを取るのが面倒だったり、大量に処分したいけど不用品回収業者とのやり取りが嫌な方は利用してみましょう。

日本全国どこでも対応してくれます。

自分で複数の業者に何度見積りを取る手間が省けて、エコノバの規定水準をクリアした不用品回収業者を探してくれます。

不用品回収の業界で知名度のある業者複数に見積りを出してもらえるので安心です。

\ 面倒な会員登録は不要 /

まとめ

今回は不用品回収を依頼する際に絶対にやってはいけないことを8つ紹介しました。

悪徳業者やぼったくり・高額請求に遭う人は、安易に不用品回収業者を決めたり、退去ギリギリになってから依頼する人が多い傾向があります。

ほんの少しの手間を惜しむと不要なトラブルに巻き込まれる可能性が跳ね上がるため、可能な限りやれることをやっておきましょう。

不用品回収業の悪いイメージを少しでも払拭するために、私はこういった情報をどんどん発信していきます。

この記事を読んでくれた一人でも多くの方が、安心してお片付けができるよう心から願っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる