\ 2022年最新おすすめ不用品回収業者BEST10をcheck!/

不用品回収業者に依頼するのが恥ずかしい?利用者の悩みをプロが解決!

  • 家がゴミ屋敷状態で恥ずかしくて誰にも相談できない
  • 知らない人を部屋に入れるのは抵抗がある
  • 散らかっている部屋を見られるのが恥ずかしい

不用品回収業者は部屋の片付けを手伝ってもらいたいけど恥ずかしくて誰にも相談できないという悩みを解決してくれます。

回収先では「勇気を出して電話した」「本当は知らない人にお願いするのは恥ずかしい」と、依頼するのにかなり悩んでいる方がとてもたくさんいました。

この記事では不用品の回収作業員が普段どういうことを考えているのか、利用者の相談をもとに紹介していきます。

部屋が汚かったり散らかりすぎて依頼を悩んでいる方はぜひ参考にして、悩みを解決してくださいね。


\ 優良業者探しは相見積もりが必須! /

スポンサーリンク
目次

なぜ不用品回収業者に依頼するのが恥ずかしい?

なぜ不用品回収業者に依頼するのは恥ずかしいと考えるのでしょうか。

  • 近所の人に部屋の片付けをしているのを知られたくない 知らない人を部屋に入れたくない
  • 趣味を人に見られるのが恥ずかしい 部屋が散らかっている・ゴミ屋敷状態なので恥ずかしい
  • 生活感が溢れているから人を呼べない

不用品やゴミ屋敷回収業者への依頼をためらう人の多くがさまざまな悩みを抱えています。

先に結論を話すと、不用品の回収作業員はゴミ屋敷や趣味の品で溢れていたところでなにも問題ありません。

むしろ喜んで回収してくれるので、恥ずかしいなどと考える必要はナシ。

最近は利用者の立場を考えて女性スタッフを揃えていたり、近隣にバレないように音を立てず速やかに回収してくれる業者も増えてきています。

片付けを親族や友人に頼むと、確かに恥ずかしかったり噂されてしまうといった不安もあるでしょう。

今後の関係性に影響すると考える人もいて実際にその可能性も十分にありますが、不用品回収業者はその一度の関係だけです。

自分となんの関係もない人に見られたからといって何も気にすることはありません。

不用品やゴミ屋敷の回収業者を利用するのに抵抗がある・他人に部屋を見られるのが恥ずかしいという気持ちは理解できますが、思いきって問い合わせたらあっさり片付いたというケースがほとんどです。

不用品回収業者の利用を長い間悩んでいる方はぜひ気軽に問い合わせて、相談してみましょう。

不用品回収業者の利用を考えている人の悩みを解決|作業員が考えている事とは

利用者が抱く、業者に依頼するのが恥ずかしいという悩みに対して、実際に作業員はどのようなことを考えて回収作業をしているのでしょうか。

恥ずかしいと考えてしまう理由や、プロの回収作業員が実際に受けた相談をもとに回答・解決します。

部屋がかなり散らかっていたりゴミ屋敷なので人に見られるのが恥ずかしい

業者や作業員は誰かに言いふらしたりしない

問い合わせや相談の中で特に多いものが散らかっているから恥ずかしいという内容。

家族や知人に手伝ってもらうと特に恥ずかしく感じますが、業者であればそれっきりの関係です。

依頼主の過去や交友関係など一切知らないので、「どうせ他人だし」と思ってサクッと依頼しちゃいましょう。

大量の汚いゴミや家具を片付けさせるのが申し訳なく感じる

回収物が多い案件は回収金額が高くなるので業者側からしたら大歓迎

回収業者側からしたらゴミ屋敷やモノ屋敷は回収するものがたくさんあるため、売り上げが立つ優良案件です。

また、多くのゴミを処分して部屋をスッキリさせることをやりがいに感じている作業員がたくさんいるため、悩む必要はありません。

処分する不用品が多いほど回収費用があがるので、まずは気軽に出張見積もりを依頼してみましょう。

汚い・だらしないと思われるのが嫌

作業員1年中不用品やゴミ屋敷の片付けをしており、慣れているためなんとも思いません

他人とはいえ、「だらしないと思われてしまうかもしれない・汚いなと思われるのが嫌」そんな不安が知人や業者に相談することをためらってしまい、いつまでも部屋が片付かないというケース。

作業員は1年中ゴミと向き合っているため、ちょっとくらい散らかっていたところで何も感じません。

回収業者に問い合わせるのは少し勇気がいるかもしれませんが、思い切って依頼して一気にスッキリしちゃいましょう。

近隣住民に部屋の片付けを見られたくない

服装を変え、バレない様にトラックを離れたところに停めて作業してくれる業者がある

近所の目を気にしている方も結構多くいらっしゃいますね。

  • 散らかっている部屋をなんとかしたいけど、部屋から運び出しているところを見られたくない
  • 夜間に対応してもらいたいけど近所の人に知られたくない

最近では依頼人の希望で業者バレしないような服装だったり、家の目の前にトラックを停めないようにお願いできる業者が増えています。

夜間にできる限り音を立てずに片付けや搬出を行う忍者みたいな業者もありますね。

運んでいる物や片付けの作業をジロジロ見られるのが嫌という人におすすめ。

知らない男性を部屋に入れるのが恥ずかしい・抵抗がある

女性スタッフのみでの回収が可能

知らない男性を部屋に入れるのにはどうしても抵抗がある方におすすめなのが女性スタッフによる回収依頼

近年、大手の不用品回収業者をはじめ女性スタッフによる回収ができる業者が増えてきている傾向にあります。

回収作業員が女性スタッフであれば、より気軽に依頼や相談ができるので安心できますね。

それでも依頼するのが恥ずかしい場合はどうすればいい?|自分でできる不用品の処分方法

誰かに依頼した方が楽だし早いけど、やっぱり恥ずかしいという場合はできる限り自力でなんとかするしか方法はありません。

  1. 大きな家具は解体→家の前まで運び出して粗大ゴミや不用品の回収業者に依頼
  2. 燃えるゴミ・燃えないゴミを分別して各地域のごみの日に出す
  3. 使える電化製品や洋服などは宅配買取やリサイクルショップで売る

個人で行う片付けの基本は紙や段ボール・ごみの種類ごとに大きく分別し、各自治体のごみの日にまとめて出すこと。

一度に回収してくれる量には限りがあるので何日かに分けて行う必要があります。

ゴミ屋敷の片付けを近所の人にバレたくない場合は、一度に捨てる量を減らす必要があるため長期戦を覚悟しておきましょう。

マンションやアパートの場合は窓や玄関を閉め、音を漏らさない工夫も必要です。

解体できる家具は小さくして玄関前に持っていけば業者を利用しても部屋に上げる必要がないので業者に依頼しても恥ずかしくありません。

自分で片付ければ費用も抑えられるため、時間に余裕がある場合はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

不用品回収業者に依頼する前に準備しておきたいこと

自分の要望に応えてくれる回収業者を探す

回収業者によっては女性スタッフがいなかったり、夜間は対応していないことがあるため、自分の希望が通るかHPで調べておく必要があります。

夜間対応については追加料金になることが多いため、問い合わせ時によく確認しておきましょう。

複数の回収業者に相見積もりをとる

不用品回収の依頼でもっとも重要なことが相見積もり。

複数の回収業者に見積もりを取り比較することで安い業者を見つけたり、ぼったくりなどのトラブルも回避できます。

トラックの駐車位置や搬出ルートなど、作業員と現地で確認しておくとスムーズですね。

事前の作業申請 大きなマンションなどから依頼する場合は、事前に申請が必要になります。

管理者に事前申請をしないと当日になって作業できなかったり、エレベーターが使えなかったりとトラブルになりやすいので注意しましょう。

処分する不用品を可能な限りまとめておく

小さな家電やゴミなど、業者が来る前にまとめておくことで、回収忘れや必要なものを回収されてしまう事故を防げます。

タンスやベッドなどの大きな家具は無理して動かさず、目印などをつけておきましょう。

自力で解体できるものは小さくしておくことで料金が安くなることがあります。

まとめ

この記事では不用品回収業者に依頼するのが恥ずかしいと感じる方の悩みと解決策を紹介しました。

ゴミ屋敷や散らかった部屋の片付けで業者を利用するのが恥ずかしく、部屋が片付かない方がたくさんいます。

時間をかけて自力での片付けが困難な場合はプロに任せるのが1番。

作業員は年間何百件と片付けをしているプロなので、恥ずかしがらず気軽に相談しましょう。

不用品やゴミ屋敷の片付け業者からしたら、ゴミ屋敷やモノ屋敷・散らかった部屋は片付けがいのある優良案件です。

恥ずかしくて不用品回収業者の利用を悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

このブログでは不用品回収歴8年のプロが、信頼できる不用品回収業者や捨て方がわからない物のお得な処分方法について紹介しています。

相見積もり先や安心して利用できる不用品回収業者を探していたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次